2ガンズ

.08 2013 映画 comment(2) trackback(0)
2guns.jpg
 デンゼル・ワシントンとマーク・ウォルバーグと云う、個人的に意外な
組合せが主役であるアメコミ原作作品「2ガンズ」を観て来ました。
今日は、その感想をアップして行きます。

《あらすじ》
麻薬カルテルのボス・パピ配下の調達屋であるボビー(演じるは、デンゼル・
ワシントン)とマイケル(演じるは、マーク・ウフォルバーグ)は、息の
合った名コンビ。
しかし、彼等は組織に対して、そして相棒に対しても己の正体を隠していた。
ボビーは麻薬取締局の潜入捜査官、マイケルは海軍情報部の将校であった。
パピの組織を壊滅させることを目的とする麻薬取締局と、パピの隠し金を
奪取することを目的とする海軍…其々の組織の目的を達成すべく、ボビーと
マイケルは正体を知らない相棒を利用して、パピが借りていた銀行の貸金庫に
眠る300万ドルを、強盗に見せかけて奪うという計画を立てる。
容易に金を盗み出したボビーとマイケルであったが、想定外の事態が発生する。
何と、盗んだ金は300万どころか4000万ドル以上の大金であったのだ。
実は、その金は、パピの組織の「営業」を黙認する代わりにCIAが手にする
予定であった金だったのだ!
CIA、麻薬カルテル、そして海軍…4000万ドルを狙う三つ巴の闘争に
巻き込まれたボビーとマイケルの運命や如何に…。

以下、ネタばれありの感想です。
正直言って余り期待していなかったのですが、これが中々の拾い物で、古き
良きバディものの臭いと西部劇の臭いがプンプンに漂っていて(苦笑)、良い
意味で予想を裏切られました。

結局、CIA、海軍、麻薬カルテル、麻薬取締局員(ボビーの同僚兼彼女)、
登場する人物どいつもこいつも己の私腹を肥やす為に金を狙っていたのに、
主役二人だけが己の信念・正義の為に金を狙って(…と言っても、金その物に
興味は無く、ボビーは長年追っているパピを捕える為、マイケルは己の除隊
措置を解き、海軍内部の膿を出し切る為、そして、二人共通の友人の仇を討つ
為です。)いたと云う構成が面白かった。
この構成のみで、本作がどう云う作品かを物語っている点も良い。
損得勘定で考えると、CIAに金をとっとと返して、トンズラするのが一番
賢いのに、敢えて相棒と共に戦う道を選ぶボビーは、やはり理屈抜きに格好
良いし、ここら辺に冒頭で述べた様なバディものの真髄を感じました。
また、ここら辺のどこか古くて泥臭い格好良さは、今年観た「アウトロー」に
通ずるものがあると感じました。

何となく「リーサル・ウェポン」シリーズのメル・ギブソンとダニー・グローバーを
彷彿させる二人のやり取りを観ているだけでも面白い。
リーサル・ウェポン スペシャル・バリューパック (初回限定生産) [Blu-ray]リーサル・ウェポン スペシャル・バリューパック (初回限定生産) [Blu-ray]
(2013/08/07)
メル・ギブソン、ダニー・グローバー 他

商品詳細を見る

最後の最後でちゃんと「お返し」としてボビーがマイケルを銃で撃ち抜いた件は、
笑かせてもらいましたよ。

話のテンポが良かったのもGOOD。
起承転結ハッキリしているし、盛り上げるべき所はちゃんと盛り上げるなど、娯楽
作品の教科書のような作りだと思います。
最後に3勢力を同士討ちさせて事態の打開を図るところは、散々使い古された方法
であるものの、カタルシスに満ち満ちていたので問題なし。
この最終決戦は、冒頭で述べた西部劇の風味に仕上がっています。

そんなこんなで、「汚れたお金」争奪戦を描いた本作は、こちらの予想を覆し、
思っていた以上に楽しめた一本でした。

以上!
スポンサーサイト

comment

ダンボ
初めまして、ダンボといいます。リクエストさせてもよろしいですか?スパロボOGで、レオタード風のマジシャン姿のリオとショウコとミズホとフィオナと神夜とネージュの六人の尻を描いてもらいたいです。よろしくお願いします。
2013.12.13 08:23
狂犬佐藤
初めまして。
当ブログではイラストのリクエストは、引き受けておりません。
御了承下さい。
2013.12.14 16:16

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kyoukensatou.blog37.fc2.com/tb.php/1029-b3e3cf2a

プロフィール

Author:狂犬佐藤
スパロボと映画を愛するオッサンです。
スパロボをメインジャンルに同人活動なんかもやっとります。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

リンク