スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シン・ゴジラ

.31 2016 映画 comment(0) trackback(0)
shingodzira.png
 鑑賞映画のレビューの庫出し、本日のお題は、今年の夏一番の話題作と言っても
過言ではない「シン・ゴジラ」です。

《あらすじ》
東京湾を漂流するプレジャーボートを海上保安庁が調査しようとした矢先、突如
海面が揺れ、大量の水蒸気が噴出。
やがて巨大な生物が現れ、首都へと進撃を開始する。
徐々に進化し、自衛隊の攻撃もものともしない巨大生物は、大戸島で神の化身を
意味するゴジラと名付けられる。
ゴジラによって首都はほぼ壊滅状態となり、現職の内閣総理大臣ら国家首脳陣も
死亡。
自国へ被害が及ぶことを恐れたアメリカが中心となった国連軍によるゴジラへの
核攻撃が迫る中、「巨大不明生物特設対策本部」の事務局長である矢口(演じるは
長谷川博巳さん)は、日本存亡を賭けた決死の作戦を開始しようとしていた…。

以下、ネタばれありの感想です。
スポンサーサイト

劇場版動物戦隊ジュウオウジャー&仮面ライダーゴースト

.27 2016 映画 comment(0) trackback(0)
sht2016.png
 鑑賞映画のレビューの庫出し、本日のお題は、毎年夏の恒例行事となっている
スーパーヒーロータイムの劇場版二本立てです。

《「動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!」のあらすじ》
宇宙サーカス団の団長ドミドルは、子供達の鳴き声をエネルギーに変え、それに
よって地球の破壊を企む。
ドミドルの乱入により楽しんでいたジューマン達のサーカスを邪魔された
ジュウオウジャーの面々は、ドミドルの邪悪な企みを打ち砕くべく立ち上がる!

《「仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間」のあらすじ》
死んだと思われていたアランの兄・アルゴス。
しかし、アルゴスはタケルと同じ様にゴーストと化して復活。
100の眼魂を集めることによって完成する「究極の眼魂」を使い、全世界の
人間をゴースト化せんとするアルゴス。
歴史上の英雄達が実体化する不思議な世界を舞台に、タケル達とアルゴスの
戦いが始まろうとしていた…!

以下、ネタばれありの感想です。

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

.24 2016 映画 comment(0) trackback(0)
alice through the looking glass
 鑑賞映画のレビューの庫出し、本日のお題は、鬼才ティム・バートンにアレンジされた
不思議の国のアリスの第2弾、「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」です。

《あらすじ》
アンダーランドに平和をもたらした冒険から3年。
今は亡き父の後を継ぎ、貿易船「ワンダー号」の船長として大活躍していたアリス
(演じるは、前作から続投のミワ・ワシコウスカ)であったが、求婚をアリスに断られた
ことを根に持つヘイミッシュの謀略により、船長としての職も船も、そして住み慣れた
我が家までも奪われようとしていた。
そんな折、3年前の冒険で出会った青き蝶アブソレムに導かれるがまま、再びアンダー
ランドへと足を踏み入れるアリス。
赤の女王(こちらも前作から続投のヘレナ・ボナム=カーター)による恐怖政治が
終わり、平和になったアンダーランドであったが、アリスと冒険を共にした仲間マッド・
ハッター(こちらもジョニー・デップが続投)は、とあることをきっかけに、かつて命を
落とした家族のことを想うあまり、心を閉ざしてしまった。
過去に囚われたマッド・ハッターを救うべく、アリスはマッド・ハッターの哀しき過去を
改変する術を持つと云うタイムの下を訪れるのだが…。

以下、ネタばれありの感想です。

ロスト・バケーション

.22 2016 映画 comment(0) trackback(0)
the shallows
 鑑賞映画のレビューの庫出し、本日のお題は、観た後怖くなって海で泳げなくなる…
かもしれない「ロスト・バケーション」です。

《あらすじ》
かつて医師を目指していたものの、母の命を救えなかったことから在籍していた
医学校を休学していたナンシー(演じるは、「アデライン、100年目の恋」にて何とも
言えぬ美しさを放っていたブレイク・ライブリー)は、友人と共にメキシコのリゾート地へ
やって来ていた。
二日酔いで寝込んだ友人をホテルに置いて、一人ガイドブックにも載っておらず地元の
サーファーしか知らないビーチにてサーフィンを楽しむナンシー。
しかし、突如襲ってきたサメによってナンシーは脚に大怪我を負ってしまう。
何とか岩場に辿り着くナンシーであったが、200メートル離れた岸まで辿り着くには
脚に傷を負い過ぎていた。
しかも、サメがまるで獲物を狙うように岩場の周辺を泳ぎ回っていた。
岩場は、後僅かな時間で海中に消えてしまう。
更に、穴場のビーチ故に訪れる者も少なく、助けも期待できない。
この絶望的な状況を、ナンシーは脱出することが出来るのか…?

以下、ネタばれありの感想です。

ONE PIECE FILM GOLD

.18 2016 映画 comment(0) trackback(0)
one piece film gold
 鑑賞映画のレビューの庫出しも、漸く今も公開中の作品のものになって参りました。
てな訳で本日のお題は、約4年ぶりの公開となる劇場版ワンピース最新作「ONE 
PIECE FILM GOLD
」です。

《あらすじ》
七武会の一角・ドフラミンゴを倒した麦わらの一味が次に目指すは、船でありながら
全長10キロにも及ぶエンターテイメントシティ「グラン・テゾーロ」。
グラン・テゾーロのオーナーにして元海賊のテゾーロ(声の吹替えは山路和弘さん)
よりVIP待遇で招かれた一行は、カジノで大金を獲得する。
しかし、テゾーロの罠により麦わらの一味は、一転して多額の借金を背負わされて
しまう。
ゾロを人質にとられた麦わらの一味がとるべき道は、二つ。
一つは、一晩で借金を返済すること。
もう一つは、借金分の強制労働をグラン・テゾーロ内で課せられること。
ゾロを救う為には何としても多額の金を一晩で用意する必要があるのだが、人質を
取られている以上、下手に暴れることが出来ない麦わらの一味。
そんな彼等に、かつてナミと共に泥棒として活動し、現在はグラン・テゾーロで歌姫と
して働いているカリーナ(声の吹替えは満島ひかりさん)が、ある提案をもちかける。
それは、5000億ベリーという巨額のテゾーロ・マネーを盗み出すことで…。

以下、ネタばれありの感想です。

クリーピー 偽りの隣人

.17 2016 映画 comment(0) trackback(0)
creepy.png
 鑑賞映画のレビューの庫出し、本日のお題は黒沢清監督最新作「クリーピー 偽りの
隣人
」です。

《あらすじ》
かつて殺人犯の逃走を許し、一般人を死なせ、自身も負傷したことをきっかけに刑事を
辞した高倉(演じるは西島秀俊さん)は、大学にて犯罪心理学者として教壇に立って
いた。
ある日、同僚の講師が調べていた6年前に発生した一家失踪事件に興味を持った
高倉は、かつての同僚であった刑事の野上と共にこの事件の調査を開始する。
一方、高倉家の引っ越先に住む西野(演じるは香川照之さん)の娘が、高倉に衝撃
的な事実を告げる。
「あの人、お父さんじゃありません。
全然知らない人です。」
この出来事をきっかけに、西野に対して言い知れぬ「闇」を感じ始める高倉。
やがて、この謎の隣人と6年前の失踪事件が関係していることが分かり始め…。

以下、ネタばれありの感想です。

ダーク・プレイス

.16 2016 映画 comment(0) trackback(0)
dark places
 鑑賞映画のレビューの庫出し、本日のお題は、去年の公開作品の中で色々な
意味で衝撃作だった「ゴーン・ガール」原作者の小説を基とした「ダーク・プレイス
です。

《あらすじ》
1985年カンザス州の田舎町にて、農業を営んでいた一家の惨殺事件が発生。
生き残ったのは、末娘のリビーと、彼女の兄であるベン。
その後、リビーの証言により殺人犯としてベンが逮捕される。
凄惨な事件の遺族として世間から同情を受け、その支援金に頼って生活してきた
リビー(演じるは、マッドマックス最新作にてヒロインを演じたシャーリーズ・
セロン)であったが、事件から28年経過して事件そのものが風化し支援も滞り、
生活費に困窮するようになる。
そんな折、「殺人クラブ」なる組織のメンバー・ライルがリビーに接触を図って
来た。
殺人クラブは、過去の有名な殺人事件の真の解決を目的とする組織であり、
リビーが経験した事件も、真の犯人がいるはずだと語るライル。
幼いながらも自分の証言に間違いなかったと言うリビーであったが、報酬に
目が眩み、渋々28年前の事件の足跡を振り返り始める。
やがて明らかになって行く事件の真相とは…?

以下、ネタばれありの感想です。

疑惑のチャンピオン

.15 2016 映画 comment(0) trackback(0)
the program
 鑑賞映画のレビューの庫出し、本日のお題は、ツール・ド・フランス七冠を達成した
男の真実に迫るノンフィクション「疑惑のチャンピオン」です。

《あらすじ》
1999年の第86回ツール・ド・フランスで優勝したアメリカ人・ランス。
脳にまでも転移した癌を克服したランスを、多くの人々はヒーローとして受け入れた。
しかし、彼をツール・ド・フランスデビュー時から取材していたスポーツジャーナリストの
デイヴィットは、上り坂が苦手であったランスが復帰間もない短期間でスピードを上昇
させた事に疑念を抱く。
以後もランスは大躍進し、ツール・ド・フランスで5連覇を達成。
デイヴィットは、確信する。
「ランスはドーピングを行なっている」と…。
しかし、ランスは検査で一度も陽性反応が出ておらず、ドーピングの証拠は何一つ
なかった。
ところが、デイヴィットの下に匿名の情報提供があってから、事態は急転して…。

以下、ネタばれありの感想です。

帰ってきたヒトラー

.14 2016 映画 comment(0) trackback(0)
er ist wieder da
 鑑賞映画のレビューの庫出し、本日のお題はミニシアター系作品にしてはかなりヒット
していると云う「帰ってきたヒトラー」です。

《あらすじ》
アドルフ・ヒトラーは、目が覚めると現代(2014年)のドイツにいた。
神の悪戯か、超常的な現象か、何とヒトラーはタイムスリップしてしまったのである。
自分が置かれた状況を何とか理解したヒトラーは、1945年から現在に至るまでの
歴史を学び、移民対策に苦慮するドイツの現状を嘆く。
民放テレビ局「マイTV」を解雇されたフリーランスのディレクター・ザヴァツキは、
ひょうんなことがきっかけで、そんなヒトラーを見つける。
ヒトラーを物真似芸人と勘違いしたザヴァツキは、マイTVに返り咲くべくヒトラーと
現代のドイツを旅すると云う番組を企画。
この企画を通じて、メディア戦略によって現代のドイツでも人心を掌握できると知った
ヒトラーは、マイTVの番組を通じて人気者になって行き…。

以下、ネタばれありの感想です。

貞子vs伽椰子

.13 2016 映画 comment(0) trackback(0)
sadakovskayako.png
 映画レビューの庫出し、本日のお題は、ツイッター上で勧められ、昨晩のコミケオフでも
話題に上った「貞子vs伽椰子」です。

《あらすじ》
怨霊・貞子の呪いがかかった観た者は必ず二日後に死亡する「呪いのビデオ」。
無理心中が発生して以来廃屋となり、入った者は怨霊・伽椰子の手にかかって
生きて帰れないと云う「呪いの家」。
都市伝説かと思われていた二つの噂は事実であり、其々の呪いにかかってしまった
女子大生の有里と女子高生の鈴花は、その呪いを解くべく凄腕の霊媒師・経蔵に
依頼する。
経蔵の考え付いた呪いを解く秘策、それは…。

以下、ネタばれありの感想です。

コミックマーケット90、おつかれサマー

.13 2016 同人 comment(0) trackback(0)
 先日の記事でも述べていたように、今年の夏コミにサークル参加して参りました!
熱い中、当日当サークルへお越し頂いた方、本を手に取って頂いた方、本当に
ありがとうございました。
今日は、アフターも含めてその時の簡単なレポをアップして行きます。

コミックマーケット90 サークル参加のお知らせ

.12 2016 同人 comment(0) trackback(0)
C90cut.jpg
 前回に続き、今回もありがたいことにスペースを頂けました。
配置情報は…
8月12日(金)西地区“b”ブロック-63a
です。
プリキュアをジャンルにしてのコミケへのサークル参加はこれで4回目ですが、何と
今回はコミケサークル参加史上初の西地区配置となります。 
初代及びMax Heartでのサークル参加です。

当日の新刊は、こちら!
assemblehyoushi.png
プリキュアを含めたスーパーヒーロー・ヒロインのごった煮クロスオーバー本の
第4弾となります。
ブラック将軍最後の挑戦に、ヒーロー連合が立ち向かう…てな内容となって
おります。
また、当日の御品書は、こちら!
c90oshinagaki.png
御品書にある通り、コミケでは初頒布となる「その後のMax Heart」本や、
「その後のハートキャッチ」本等も頒布します。
夏コミ1日目に参加される方で興味を持たれた方は、是非お立ち寄り下さい!


(この告知は8月12日までトップに表示します)

64-ロクヨン- 後編

.11 2016 映画 comment(0) trackback(0)
64 part2
 溜まっている鑑賞映画のレビューの庫出し、本日のお題は急転直下の展開を受けて
からの後半戦となる「64-ロクヨン- 後編」です。

《あらすじ》
警察庁長官による時効迫るロクヨン事件の捜査視察を控えた群馬県警内部で、激化
する刑事部と警務部の対立。
そんな折、ロクヨン事件を模倣した誘拐事件が発生する。
ヒビが入っていた県警広報室と記者クラブの関係を、県警広報室からの発表事案は
原則実名とすることで修復した元ロクヨン事件捜査官であり県警広報官の三上
(演じるは佐藤浩市さん)であったが、今回のロクヨン模倣事件について被害者は匿名
とする等、誘拐事件としては異例の措置をとることとなり、再び記者クラブとの関係に
緊張が走ることとなる。
これを解消すべく、広報官でありながら模倣事件の捜査チームに乗りこむ三上。
果たして、この模倣事件の犯人とは?
そして、14年の時を経て明らかになるロクヨン事件の真実とは…?

以下、ネタばれありの感想です。

10 クローバーフィールド・レーン

.10 2016 映画 comment(0) trackback(0)
10 cloverfield lane
 鑑賞映画のレビューの庫出し、本日のお題は、ヒットメーカー・エイブラムスの最新作
にして、2008年の「クローバーフィールド HAKAISHA」のシリーズ作品でもある
10 クローバーフィールド・レーン」です。

《あらすじ》
運転していた自動車が追突事故に遭い、気を失ったミシェル。
目が覚めた彼女は、施錠された密室に監禁されていた。
そこに現れる謎の中年男ハワード。
ハワードは、語る。
何者かによる世界規模の襲撃により人類はほぼ死に絶えたこと。
ミシェル達がいる場所はシェルターであり、ミシェルを救うべく彼女をシェルターへ
連れて来たのがハワードであったこと。
自主的にシェルターに避難して来たと云う青年エメットを加えた三人の、奇妙な
シェルターでの共同生活が始まる。
謎の敵にばらまかれた有毒物質が充満しているとの理由で、シェルターの外へ出る
事を頑なに許さないハワード。
しかし、ある出来事をきっかけにハワードに対して疑念を抱いたミシェルは、
シェルター外へ脱出を試みるのだが…。

以下、ネタばれありの感想です。

響け!ユーフォニアム〜北宇治高校吹奏楽部へようこそ〜

.09 2016 映画 comment(0) trackback(0)
hibike!.png
 鑑賞映画のレビューの庫出し、本日のお題は、「響け!ユーフォニアム〜北宇治高校
吹奏楽部へようこそ〜
」です。

《あらすじ》
今までのことをリセットすべく、中学時代の友人が殆どいない北宇治高校に進学した
黄前久美子は、中学時代と同様に吹奏楽部へと入部する。
そこで、久美子は期せずして同じ中学の吹奏楽部に在籍していた高坂麗奈と再会を
果たす。
中学3年の時に参加した吹奏楽コンクールにて全国出場への切符を逃し悔し涙を
流す麗奈を見て、本気で全国出場を目指していたのかとつい声に出してしまって以来、
久美子は麗奈に対して苦手意識を持っていた。
そんな二人が入部した北宇治高校吹奏楽部は弛緩した雰囲気が支配し、その実力は
酷い有様であった。
ところが、新任の顧問・滝がやって来てからその雰囲気は一変する。
部内の多数決により部の目標が吹奏楽コンクール全国出場に決まった途端、滝は
その目標に向けてスパルタ指導を開始したのだ。
当初はその指導方針に反発していた部員達であったが、やがてその実力をめきめきと
伸ばして行く。
一方、久美子と麗奈は徐々にその距離を縮めて行く。
そして、遂に全国への切符を懸けた吹奏楽コンクールの日がやって来て…。

以下、ネタばれありの感想です。

教授のおかしな妄想殺人

.08 2016 映画 comment(0) trackback(0)
irrational man
 鑑賞映画のレビューの庫出し、本日のお題は、ウディ・アレン監督最新作である
教授のおかしな妄想殺人」です。

《あらすじ》
アメリカ東部ニューポートの大学に赴任してきた哲学科教授のエイブ(演じるは
「グラディエーター」の冷酷な皇帝役が印象深いホアキン・フェニックス)は、若い
頃は理想に燃えていたものの、「人生は無意味である」との考えに至り、何もかも
空虚に感じる無気力人間であった。
そんな影があるエイブにミステリアスな魅力を感じた学生のジル(演じるは、アレン
監督とは「マジック・イン・ムーンライト」に続いてのタッグとなったエマ・ストーン)は、
恋人がいるにも関わらず、教え子と教師という立場を越えてエイブと付き合うように
なる。
ある日ジルとのデートの最中に訪れたダイナーにて、エイブは見知らぬ女性の
身の上話を耳にする。
その女性は元夫と子供の親権を巡って裁判で争っていたが、悪名高い汚職判事が
その裁判を担当している為に裁判に負けそうなのだと言う。
義憤に駆られたエイブはこの気の毒な女性を救うべく、汚職判事を完全犯罪によって
殺害することを思いつく。
突拍子もない殺人計画を妄想して行く内に、エイブは段々と生きる力を取り戻して
行き…。

以下、ネタばれありの感想です。

マネーモンスター

.07 2016 映画 comment(0) trackback(0)
money monster
 鑑賞映画のレビューの庫出し、本日のお題は大女優ジョディ・フォスター
監督作品「マネーモンスター」です。

《あらすじ》
エンターテイメント色の強さが人気の財テク番組「マネーモンスター」。
軽快なトークが売りのこの番組の司会者・リー(演じるはジョージ・
クルーニー)は、いつものように番組の進行を務めようとしていた。
この日の話題は、以前番組内でリーが勧めた株銘柄であるアイビス社。
上場したばかりのアイビス社の株が急落した理由を、リーはアイビス社の
広報担当者にインタビューしようとしていた矢先、宅配業者に変装して
スタジオに入り込んだ男が突然銃を取り打し、生放送中の番組をジャック
してしまう。
男の名はカイル。
リーの勧めに従ってアイビス社株を購入して財産の殆どを失ったと言う
カイルは、リーを人質にしてアイビス社株が急落した真相を明らかにせよと
要求する。
リーは何とか激昂するカイルを説得するべく、番組プロデューサーのパティ
(演じるはジュリア・ロバーツ)と協力しつつアイビス社株が急落した真相を
探ろうとする。
やがて明らかになる、アイビス社株急落の衝撃の真実とは…。

以下、ネタばれありの感想です。

二ツ星の料理人

.06 2016 映画 comment(0) trackback(0)
burnt.jpg
 コミケの原稿執筆していた為に大分溜まってしまった鑑賞映画のレビューの庫出しを、
本日よりボチボチ再開して行きます。
今日のお題は、「二ツ星の料理人」です。

《あらすじ》
ロンドンに、一人の男がやって来る。
彼の名はアダム(演じるは、「アメリカン・スナイパー」の主役でオスカー候補となった
ブラッドリー・クーパ)…かつて美食の街パリのレストランで名を馳せ、ミシュランで二ツ
星を獲得した伝説のシェフである。
死亡説が流れていた彼は、今度こそ三ツ星を獲得すべく、パリで世話になったレストラン
オーナーの息子トニーを訪ね、トニーのホテルでシェフを務めることとなる。
かつての仲間や、ヘッドハンティングしたシェフらを集って遂に開店を果たすアダムで
あったが、一切の妥協を許さない彼の料理に対するスタンスに、中々付いて行ける
者がいない。
それでも何とかスタッフ達をアダムが鍛え上げた矢先、ミシュランの調査員らしき客が
現れて…。

以下、ネタばれありの感想です。
 HOME 

プロフィール

狂犬佐藤

Author:狂犬佐藤
スパロボと映画を愛するオッサンです。
スパロボをメインジャンルに同人活動なんかもやっとります。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。