レインボーフレーバー14 レポ

.30 2016 同人 comment(0) trackback(0)
reifure20160429space.jpg
 昨日開催されたプリキュアシリーズオンリー同人誌即売イベント「レインボー
フレーバー14
」(以下「レイフレ14」と言います)。
先日の記事で告知した通り、サークル参加して来ました。
当サークルにお越し頂き、本を手に取って頂いた方々には、この場を借りて
御礼申し上げます。
今日は、そんなレイフレ14の簡単なレポをアップして行きます。
スポンサーサイト

レインボーフレーバー14 告知

.29 2016 同人 comment(0) trackback(0)
 新刊入稿作業でギリギリまでドタバタしていた為に遅くなってしまいましたが、
告知します。

2016年4月29日(金)に、大田区産業プラザPiOにて開催されるプリキュア
オンリー同人誌即売会「レインボーフレーバー14」にサークル参加します。

配置場所は、
F01
です。
新刊はこちら!
20160429shinkan.jpg
今年の冬のこみトレにて頒布したコピー誌「その後の無印・MaxHeart妄想本」
の完全版となります。
ジャアクキングやブラックホールとの戦いから10年後、プリキュアへの変身
能力を失いつつも平和に暮らしていたなぎさとほのかの前に新たな敵が出現。
プリキュアへ変身出来ないふたりは、この敵にどう立ち向かうのか?
ドラマあり、バトルあり、別の「相棒を擁する」スーパーヒーローとのクロス
オーバーあり…とてんこ盛な内容となっております。

当日の御品書は、こちら!
20160429oshinagaki.png

イベント当日は、むさいおっさんが一人ぽつんと座ってますが、気軽に
お立ち寄り下さいね。

(この告知は2016年4月29日までトップに表示します)

ドラえもん 新・のび太の日本誕生

.06 2016 映画 comment(0) trackback(0)
doraemon2016.jpg
 今日は、毎年春休みの公開が恒例となっている長編ドラえもんシリーズ最新作、
ドラえもん 新・のび太の日本誕生」のレビューをアップして行きます。

《あらすじ》
母親から成績の悪さを指摘され、叱られ続けることに嫌気がさしたのび太は、
遂に家出を決意する。
しかし、家出先の空き地や山は何処も誰かしらの所有地であり、住処とすることが
出来ない。
そこで、ドラえもんの力を借りて、まだ日本中の土地が誰の所有となっていない
大昔の日本へ向かうことにしたのび太は、のび太と同じ様に親からの締め付けに
我慢出来なくなったジャイアン、スネ夫、しずか、そしてドラえもんと共に、7万年
前の日本へ向かう。
時を同じくして、7万年前の日本からは、謎の人影が現代の日本へとタイム
スリップしてきて…。

以下、ネタばれありの感想です。

ヘイトフル・エイト

.04 2016 映画 comment(0) trackback(0)
the hateful eight
 今日は、「ジャンゴ/繋がれざる者」以来久々の新作となるタランティーノ監督
作品となる「ヘイトフル・エイト」の感想をアップして行きます。

《あらすじ》
「首吊り人」として恐れられる凄腕の賞金稼ぎジョン(演じるはカート・ラッセル)
は、捕らえた1万ドルの賞金首デイジーをレッドロックへと運ぶ道中、南北戦争
時に北軍少佐として戦い、現在は賞金稼ぎとなっているマーキス(演じるは、
タランティーノ監督作品常連のサミュエル・L・ジャクソン)と出会う。
迫り来る大寒波によって馬車が使用不能となっていたマーキスは、ジョンの
馬車に乗せて貰い、同じ様に道中で出会ったレッドロックの新任保安官である
クリスと共にレッドロックへの中継点となるミニーの紳士服店へとやって来る。
そこには既に先客…絞首刑執行人やカウボーイ、南北戦争時に南軍の将軍
であった老人…、そして店の助っ人従業員が、猛吹雪を避けるべく滞在して
いた。
吹雪により外の世界と隔絶されたロッジに、奇しくも集った一癖も二癖もある
8人。
南北戦争で対立した者同士や、法を守る者と法を犯す者同士が一夜を過ごす
形となり、不穏な空気が漂う中、とある人物が毒殺されたことにより、ミニーの
紳士服店の客達は疑心暗鬼に陥り…。

以下、ネタばれありの感想です。

オデッセイ

.02 2016 映画 comment(0) trackback(0)
the martian
 今日は、「エクソダス:神と王」以来のリドリー・スコット監督作である「オデッセイ」の
感想をアップして行きます。

《あらすじ》
猛烈な嵐により、メリッサ船長率いる有人火星探査ミッションチームは火星からの
撤退を決定する。
宇宙船乗船時に突風で飛ばされた通信アンテナに引っかかり、チームクルーの一人
であるマーク(演じるはマッド・デイモン)は吹き荒ぶ嵐の中に姿を消す。
マークが死亡したと判断したメリッサ達は宇宙船に乗船し、地球への帰路につく。
しかし、マークは生きていた。
何とかハブ(居住施設)に戻って来たマーク。
次の探査ミッションチームがやって来るのは4年後、蓄えのある食料は1年分。
己を奮い立たし、何としても生きて地球に帰ろうと決意したマークの、火星での
サバイバル生活が、今始まる…!

以下、ネタばれありの感想です。

スティーブ・ジョブズ

.01 2016 映画 comment(0) trackback(0)
steve jobs
 今日は、誰もが知る元アップル社最高責任者を描いた「スティーブ・ジョブズ」の
感想をアップして行きます。

《あらすじ》
1984年。
アップル社の新製品Macintoshの発表会の舞台裏は、混沌と化していた。
Macintoshが自分の望む機能を発揮せず、更には元恋人が認知しない娘の
リサを連れて会場にやって来た事に、激怒するアップル社のスティーブ・ジョブズ
(演じるは、X-MENシリーズにて若きマグニートー役を務めたマイケル・
ファスベンダー)。
彼を支えるアップル社のマーケティング担当ジョアンナ(演じるは、「タイタニック」の
ヒロインで御馴染みのケイト・ウィンスレット)は、ジョブズの無理難題な要求を、
てきぱきとこなして行く。
こうして世に出たMacintoshであったが、予想された販売台数を大きく下回り、
その責任をとる形で、ジョブズはアップル社を去る。
それから10数年経過し、アップル社のCEOとして返り咲いたジョブズは、これから
世に送り出さんとしたiMACの売上予測をジョアンナから聞き、勝利を確信する。
その一方で、ジョブズにはリサに関する「大きな問題」を抱えていて…。

以下、ネタばれありの感想です。
 HOME 

プロフィール

Author:狂犬佐藤
スパロボと映画を愛するオッサンです。
スパロボをメインジャンルに同人活動なんかもやっとります。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

リンク