スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンタスティック・フォー(2015)

.29 2015 映画 comment(0) trackback(0)
fantastic4.jpg
 かつて2度映画化されたマーベルコミックスのアメコミ「ファンタスティック・
フォー」。
この度、8年の時を経て三度映画化されることとなりました。
それも、キャスト・スタッフを一新したリブート版として。
そんな訳で、今日はリブート版「ファンタスティック・フォー」のレビューをアップ
していきます。

《あらすじ》
幼い頃から明晰過ぎる頭脳を持つリードは、その頭脳を買われ、学生研究員
としてバクスター財団のドクター・ストームにスカウトされる。
バクスター財団は、物質転送装置の研究・開発を進めていた。
その研究・開発チームには、ストームの養女スーと息子のジョニー、そして
ビクターがいた。
チームにリードが加わったことにより、遂に転送装置が完成する。
しかし、財団の上層部はその成果を横取りし、アメリカ政府に売り込もうとする。
これに憤慨したリード、ジョニー、ビクターは、リードの友人ベンを誘い、装置の
最初の利用者となるべく勝手に装置を作動させてしまう。
転送装置で4人が行き着いた先は、別次元の世界プラネット・ゼロであった。
しかし、プラネット・ゼロに充満する未知のエネルギーに襲われ、ビクターは行方
不明となり、リードらは絶体絶命の危機を迎える。
4人の独断専行に気付いたスーは、装置を強制停止させるも、未知の
エネルギーの残滓は地球にまで届き、スーもまたリードらと同様にその
エネルギーを浴びてしまう。
未知のエネルギーは、リードらの身体に驚異的な変化をもたらしていた…。

以下、ネタばれありの感想です。
スポンサーサイト

アントマン

.22 2015 映画 comment(0) trackback(0)
ant-man.jpg
 今日は、マーベル・スタジオ最新作、「アントマン」のレビューをアップして
行きます。

《あらすじ》
バツイチ、前科持ち云う駄目っぷりであるスコットは、何とか真人間に
なって愛すべき娘キャシーに再会しようとするも、まともな職にも就けず、
娘と会う条件である養育費も払えない有様であった。
このままでは娘と再会するなど夢のまた夢。
そこで、相棒のルイスの誘いに応じ、大金欲しさに再び泥棒稼業に手を
染めてしまう。
ルイスの情報では大金持ちらしい男の家の金庫を見事破ったスコットで
あったが、そこにあったのは大金などではなく、風変りなスーツとヘルメット
のみであった。
とりあえずそのスーツとマスクを失敬するルイスであったが、そのスーツ
には、来た者の大きさを瞬時に変えるという不思議な能力が備わって
いて…。

以下、ネタばれありの感想です。

ピクセル

.20 2015 映画 comment(0) trackback(0)
pixels.jpg
 パックマンが懐かしい電子音を放ちながら街を破壊すると云う予告編が
非常にキャッチーであった「ピクセル」。
今日は、そんな「ピクセル」の感想をアップして行きます。

《あらすじ》
グアムの米軍基地が、謎の敵の襲撃を受けて壊滅状態に陥る。
その時の映像に昔の記憶を呼び覚まされた大統領のウィルは、子供時代
からの友人であるサム(演じるは、アダム・サンドラー)に助言を乞う。
敵の放つ音、そしてその部隊編成の仕方にサムは断言する。
「敵はギャラガ(1981年のシューティングビデオゲーム)だ!」
サムと共にゲーム小僧であったウィル大統領は、そんな馬鹿げたサムの
言葉に納得せざるを得なかった。
しかし、何故敵は一昔前のビデオゲームのキャラの姿をしているのか?
二人と同じくゲーム小僧であり、アメリカ政府の陰謀論者であるラドローが
偶々電波ジャックして録画したビデオテープにその答えはあった。
そのビデオには、ヴォラール星人を名乗る異星人のメッセージが収められて
いた。
33年前、サムらも参加したNASA主催のビデオゲーム大会の様子が録画
され、そのビデオが「地球を代表するカルチャーを宇宙へ」ということで、
何処かにいるかもしれない異星人に宛てて打ち上げられたのだが、それを
ヴォラール星人は地球からの挑戦状と勘違い。
ビデオキャラクターをピクセルで具現化し、地球侵略の尖兵として放って
来たのだ。
ビデオゲームのルールに則って攻撃を開始してきたヴォラール星人に立ち
向かうは、ウィル大統領の指示で結成された、かつてビデオゲームの達人、
今は社会の底辺であるサムら「アーケーダーズ」!

以下、ネタばれありの感想です。

キングスマン

.18 2015 映画 comment(0) trackback(0)
kingsman.jpg
 自分にとって2011年公開作品ベスト10の一角となった「X-MEN:
ファーストジェネレーション
」。
それを手掛けたコリン・ファース監督が、今度はスーパースパイものの
映画を撮ったということで、期待値MAXの状態で「キングスマン」を観て
参りました。
今日は、その感想をアップして行きます。

《あらすじ》
父を早くから亡くし、大学を中退して、定職に就かず、つまらない犯罪に
手を染める毎日を送っていた青年エグジーは、遂に自動車窃盗と無謀
運転の罪で警察に逮捕されてしまう。
懲役刑は免れないと聞かされたエグジーは、助けを求めてある番号に
電話をかける。
その番号とは、エグジーが5歳の頃、父親の死を知らせに来た男から
与えられた、栄誉の死を遂げた父を称えるメダルの裏に記された番号
であった。
「何か困ったときは電話してくれ。
合言葉は『ブローグではなくオックスフォード』。」
父の同僚と名乗った男・ハリー(演じるは、「英国王のスピーチ」にて
オスカーを勝取ったコリン・ファース)から教わった合言葉を伝えると、
何とエグジーはすぐに釈放される。
刑務所の外で待っていたのは、ハリーであった。
「ケチな犯罪に走る今の君を見たら、父上は失望するだろう。」
ハリーから、父親はどの国にも属さない正義の諜報機関に所属する
諜報員であり、ある任務中、自分の身代わりとなって命を落とした事を
聞かされるエグジー。
ハリーは、現在二つの空席が生じているキングスマンの新人候補と
して、エグジーに目を付けていた。
「生まれの貧しさでは人生は変わらない。
学ぶ意欲さえあれば変われる。」
ハリーから諜報員となるように誘われたエグジーは、父と同じ道を歩む
ことを決意する。
こうして諜報機関「キングスマン」の諜報員候補となったエグジーを待ち
受けていたのは、地獄のような訓練の日々であった。
一方、ハリーは、IT富豪リッチモンド(演じるはサミュエル・L・ジャクソン)が
企む世界規模の陰謀を追っていたのだが…。

以下、ネタばれありの感想です。

マッドマックスシリーズ

.16 2015 映画 comment(0) trackback(0)
mad max4
 今年、30年の時を経て最新作が公開となったマッドマックスシリーズ。
お恥ずかしい話、映画好きを称しているにも関わらず、自分はこのシリーズを
1本も観たことがなく、「北斗の拳」に大きな影響を与えた作品であること位の
知識しかありませんでした。
しかし、何でも今年の6月に公開された最新作の評判がすこぶる良く、自分の
勤め先の同期の映画好きもえらくプッシュするので、
「なら、シリーズを一気に観てみよう。
それまで上映が終わってなかったら、最新作も観てみよう。」
と思ったのが、夏コミの準備にひいひい言ってた8月中頃。
で、シリーズ全てを観終わったのはシルバーウィーク直前だったのですが、
有難いことにまだ上映を続けていた劇場がありまして、無事、4作目を観る
ことが出来ました。
てな訳で、今日は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」も含めたシリーズの
感想を述べて行きたいと思います。

カリフォルニア・ダウン

.14 2015 映画 comment(0) trackback(0)
san andreas
 5月の日本公開予定が、理由が明らかにされないまま公開延期となっていた
デザスタームービー「カリフォルニア・ダウン」。
日本での公開が危ぶまれていた本作ですが、ようやく先日公開されました。
今日は、そんな「カリフォルニア・ダウン」の感想をアップして行きます。

《あらすじ》
電磁波と大地震の発生の関係性を研究していた大学教授のローレンスは、
カリフォルニア州の北北西から南南東にかけて約1300キロ続く巨大な
サンアンドレアス断層の活動により巨大地震が発生することを察知する。
しかし、ローレンスがその危険性を訴えるよりも早く、猛烈な揺れが
カリフォルニア州を襲う。
レスキュー隊でヘリのパイロットを務めるレイ(演じるはロック様ことドウェイン・
ジョンソン)は、娘を失ったことから不仲となっていた妻のエマともう一人の娘の
ブレイクが其々壊滅状態となったロサンゼルスとサンフランシスコにいることを
知り、彼女達を救うべく奔走するのであった…。

以下、ネタばれありの感想です。

クーデター

.09 2015 映画 comment(0) trackback(0)
no escape
 今日は、全く力の入ったPRもされずあっと言う間に公開が終了していた
クーデター」の感想をアップして行きます。

《あらすじ》
東南アジア某国。
アメリカの巨大企業カーディフ社の社員であるジャック(演じるは
オーウェン・ウィルソン)は、妻のアニー、幼い娘のルーシーとビーズを
連れて、水道整備事業の技術者として赴任してきた。
現地の外国人向けホテルにて一夜を明かしたジャックは、朝刊を購入する
べく町へ出た際、武装した現地人の集団と警察の争いに巻き込まれる。
その動乱はやがて国中へと広がって行く。
どうやらこの国でクーデターが勃発し、カーディフ社をはじめとする外国
企業に迎合した首相が暗殺されたらしい。
自分達の生活を誘致された外国企業に奪われると考えた現地人達の
怒りの矛先は、外国人に向けられていた。
次々と嬲り殺しにされていく外国人と彼等に協力的な現地人達。
果たして、一夜の内に地獄と化した赴任先からジャック一家は脱出できる
のであろうか…?

以下、ネタばれありの感想です。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

.08 2015 映画 comment(0) trackback(0)
shingeki1.jpg
 実写化が発表となってから(主に負の方向に)何かと話題になっていた
「進撃の巨人」。
今日は、そんな実写版の前編となる「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の
感想をアップして行きます。

《あらすじ》
約100年前。
人類は巨人達の襲撃を受け、大半の人間は喰われ、文明は崩壊。
何とか生き残った人類は、巨人の侵入を防ぐべく巨大な壁を三重に構築
し、その壁の中で暮らしていた。
一番外側の壁の近くの街に住む少年エレン(演じるは三浦春馬さん)は、
親友のミカサ(演じるは水原希子さん)、そしてアルミン(演じるは本郷奏多
さん)と共に、いつものように町はずれの丘にやって来ていた。
その丘には遥か昔の不発弾があり、その不発弾には「海」の絵が描か
れていた。
100年以上誰にも目撃されていない巨人の存在に怯え、狭い壁の中の
世界で暮らすことにうんざりしていたエレンは、いつか壁の外へ行き、
不発弾に描かれたような海を見に行きたいと二人に語る。
正にその時、轟音をたてて壁が崩壊し、無数の巨人達が現れ…。

以下、ネタばれありの感想です。

レインボーフレーバー13 レポ

.05 2015 同人 comment(0) trackback(0)
 昨日開催されたプリキュアシリーズオンリー同人誌即売イベント「レインボー
フレーバー13
」(以下「レイフレ13」と言います)。
先日の記事で告知した通り、サークル参加して来ました。
当サークルにお越し頂き、本を手に取って頂いた方々には、この場を借りて
御礼申し上げます。
今日は、そんなレイフレ13の簡単なレポをアップして行きます。

レインボーフレーバー13 告知

.04 2015 同人 comment(0) trackback(0)
 サークル入場証が届いたので、告知します。

2017年10月4日(日)に、大田区産業プラザPiOにて開催されるプリキュア
オンリー同人誌即売会「レインボーフレーバー13」にサークル参加します。

配置場所は、
あ05
です。
今回は、ハートキャッチプリキュアのプチオンリーイベント『花の都が5周年…
ですか!?
』にもサークル参加します。
当日は、夏コミで頒布予定であったものを用意する予定です。
詳細は、まだ後日!

イベント当日は、むさいおっさんが一人ぽつんと座ってますが、気軽にお立ち
寄り下さいね。

(この告知は2015年10月4日までトップに表示します)
 HOME 

プロフィール

狂犬佐藤

Author:狂犬佐藤
スパロボと映画を愛するオッサンです。
スパロボをメインジャンルに同人活動なんかもやっとります。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。