デビルズ・ノット

.29 2015 映画 comment(0) trackback(0)
devilsknot.jpg
 今日も去年観た映画のレビューの庫出しを続けて行きます。
本日のお題は、1993年に発生した殺人事件を題材にした「デビルズ・ノット」です。

《あらすじ》
1993年5月6日。
アメリカはアーカンソー州ウエスト・メンフィス。
前日から行方不明となっていた8歳の男子3名が、鬱蒼とした森の小川にて遺体で
発見される。
少年達は、全裸で暴行された上、手足を靴紐で縛られていた。
人の所業とは思えないこの殺人事件の捜査は難航したが、事件1カ月経過を目前に
して、被害者の友人であり事件現場に居合わせていたという少年の証言により、
3名のティーンエイジャーが逮捕される。
彼等の内、悪魔崇拝者がいたことから、彼等は悪魔の生贄とする為に被害者達を
殺害したという噂がたちまち街中に知れ渡り、遂に彼等に対して厳罰を望む声が
叫ばれるようになる。
死刑廃止論者であり調査会社代表のロン(演じるは「英国王のスピーチ」のコリン・
ファース)は、この状況に違和感を覚える。
容疑者を犯人とする決め手は被害者の友人の証言のみであり、他には何一つ具体
的な証拠は見つかっておらず、その証言自体も信憑性に欠けるものであったからだ。
やがて、容疑者の裁判が始まろうとしていた…。

以下、ネタばれありの感想です。
スポンサーサイト

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション 

.28 2015 映画 comment(0) trackback(0)
expendables3.jpg
 今日も去年観た映画のレビューの庫出しを続けます。
本日のお題は、アクションスター大集合の人気シリーズ第3弾「エクスペンダブルズ3
ワールドミッション
」です。

《あらすじ》
チーム創設初期の頃のメンバーであるドクター・"ドク"・デス(演じるは、シリーズ初
登場となるウェズリー・スナイプス)を「復帰」させ、チームを増強した最強の傭兵集団
「エクスペンダブルズ」は、今日も快進撃を続ける。
ある日、武器密売組織のボスを排除せよというCIAからの依頼を受けたエクスペン
ダブルズのリーダー・バーニー(演じるは勿論シルヴェスター・スタローン)は、その
組織のボスを暗殺せんとした瞬間、動きを止めてしまう。
何と、そのターゲットである組織のボスとは、ドク同様にチーム設立時のメンバーで
ありながらバーニーと袂を分かち、チームを裏切って殺されたはずの男コンラッド
(演じるはシリーズ初登場のメル・ギブソン)だったのだ。
動きを止めた隙をつかれ、メンバーを危険に晒したばかりか、コンラッド排除の任務に
失敗したバーニーは、CIAより再度コンラッドを排除するように依頼される。
チームの手の内を知るコンラッドと敵対することになれば、また現メンバーを危険に
晒してしまう。
現メンバーを守る為に、バーニーはチームの解散を宣言。
新たなるメンバーを募集し、チームの刷新を行う。
こうして誕生した新生エクスペンダブルズは、コンラッドが潜伏するルーマニアへ潜入
するのだが…。

以下、ネタばれありの感想です。

楽園追放

.27 2015 映画 comment(0) trackback(0)
rakuentuiho.jpg
 去年観た映画のレビューの庫出しを、今日も続けます。
本日のお題は、原作無し且つ上映規模が小さかった割に結構な成績だったという
楽園追放」です。

《あらすじ》
地球が荒廃した「ナノハザード」から百数年。
地球を捨てた人類は、地球と月の間に存在するスペースコロニー「ディーヴァ」の
電脳空間内を生活空間としていた。
最近、ディーヴァの仮想空間は、「フロンティアセッター」を名乗る謎の存在からの
ハッキングを受け続けていた。
フロンティアセッターは、僅かな人類が残って暮らしている荒れ果てた地球から
ハッキングを仕掛けているらしい。
事態の鎮静化を図る為、ディーヴァの高官らは、ディーヴァのシステム保安を担当
する三等官アンジェラ(声の吹替えは釘宮理恵さん)を地球へと派遣する。
そこでアンジェラを待ち受けていたものとは…。

以下、ネタばれありの感想です。

ハピネスチャージプリキュアの総括

.26 2015 アニメ・コミック comment(0) trackback(0)
ハピネスチャージプリキュア! 【Blu-ray】 Vol.1ハピネスチャージプリキュア! 【Blu-ray】 Vol.1
(2014/11/05)
中島 愛、潘 めぐみ 他

商品詳細を見る

 昨日大団円を迎えた11作目のプリキュアであるハピネスチャージプリキュア(以下
「ハピプリ」と言います。)。
今日は、その総括めいた簡単な一年間通しての感想を述べて行きたいと思います。

ドラキュラ ZERO

.26 2015 映画 comment(0) trackback(0)
dracula untold
 今日も去年観た映画のレビューの庫出しを続けて行きます。
本日のお題は、語られざるドラキュラの物語「ドラキュラZERO」です。

《あらすじ》
敵兵を串刺しにして晒した残虐さから「悪魔の子」を意味する「ドラキュラ」と恐れ
られたウラド3世(演じるはホビット3部作の2作目から登場し、大活躍したルーク・
エヴァンス)。
後の世に吸血鬼と云う悪名と共に語り継がれた彼の真実の姿は、英雄であった。
何故、彼は英雄から悪鬼へと変貌したのか。
そこには、愛する者を守らんとする男の哀しい物語があった…。

以下、ネタばれありの感想です。

ブラック・ハッカー

.24 2015 映画 comment(0) trackback(0)
open windows
 今日も、去年観た映画のレビューの庫出しを続けて行きます。
本日のお題は、スペインの新進気鋭ナチョ・ビガロンド監督の「ブラック・ハッカー
です。

とあるセレブ女優の出演最新作に関するファンミーティングに、彼女のファン
サイトを運営していることが縁で招待されたニック(演じるはロード・オブ・ザ・リング
三部作のイライジャ・ウッド)。
イベントに先立って開催されている会見のライブ映像を、パソコンを使って滞在先の
ホテルで鑑賞していたニックは、謎の人物からの連絡を受け、パソコン画面に表示
されたアドレスにクリックする。
すると、会見会場に仕掛けられた隠しカメラの映像や、女優の携帯電話の会話
音声がパソコンから流れ始める。
やがて、ニックは女優を狙った恐ろしい犯罪に巻き込まれて行くこととなり…。

以下、ネタばれありの感想です。

THE LAST NARUTO THE MOVIE

.23 2015 映画 comment(0) trackback(0)
naruto the last
 「パワー・ゲーム」に続いて、去年観た映画のレビューをアッツして行きます。
お題は、シリーズ最新作にして最終作となる「THE LAST NARUTO THE MOVIE」です。

《あらすじ》
全世界を揺るがす第四次忍界大戦の終結から2年。
平和となったはずの世界に、再び危機が訪れようとしていた。
月が地球に異常接近して来たのだ。
このままでは人類は滅亡してしまう。
更に時を同じくして、日向宗家の次女ハナビが、謎の集団に連れ去られる事件が発生。
月の接近とハナビの誘拐の首謀者が同じであると推測したカカシは、ナルト、ヒナタ、
サクラ、サイ、シカマルの5名にチームを組ませ、ハナビの救出に向かわせる。
この時、ヒナタが秘めたる想いを胸にしていたことを、ナルトはまだ知らなかった…。

以下、ネタばれありの感想です。

パワー・ゲーム

.23 2015 映画 comment(0) trackback(0)
paranoia.jpg
 溜まっている去年観た映画のレビューを、今日もアップして行きます。
お題は、「エアフォース・ワン」以来の二大俳優の激突となる「パワー・ゲーム」。

《あらすじ》
アダム(演じるは、ソーことクリス・ヘムズワースの実弟であるリアム・ヘムズワース)は、
モバイル事業を展開する巨大企業ワイアット社に務める若手社員。
野心溢れるアダムであったが、自身が所属するチームの開発した新商品のプレゼンを
全く相手にしなかったワイアット社CEOのニコラス(演じるはゲイリー・オールドマン)の
態度に腹を立て、彼に食って掛かったことから、チームメイトと共にクビを言い渡されて
しまう。
その腹いせに、アダムはまだ使用できた会社の社員用のキャッシュカードを使い、高級
クラブで豪遊してしまう。
翌日、そんな他愛のない「反撃」はニコラスの知るところとなる。
警察に身柄を引き渡されると覚悟したアダムであったが、ニコラスは意外な提案を持ち
かけてくる。
かつてニコラスが師事したIT業界の神と呼ばれた男・ジョック(演じるはハリソン・フォード)
率いる巨大IT企業アイコン社に産業スパイとして潜入することができれば50万ドル、更に
アイコン社の新商品「オキュラ」の情報を盗み出せれば100万ドルを支払うと言うのだ。
自身の罪を帳消しにしてくれるばかりか、勝ち組になれるチャンスを与えられたアダムは、
迷うことなくその提案を受け入れる。
それが、破滅の始まりだと知らずに…。

以下、ネタばれありの感想です。

今年の正月は…

.23 2015 日常 comment(0) trackback(0)
seapara1.jpg
 もう結構時間が経っているのですが、今年の正月休みの話。
自分の勤め先は、去年の12月27日から今年の1月4日までが冬期休暇でして、
3日に親、兄夫婦と弟夫婦、姪っ子、甥っ子らと狂犬佐藤家勢揃いで横浜八景島
シーパラダイス
へ行って来ました。
ここへ行くのは、開園当初以来ですから、実に20年ぶりのこととなります。
家族とその時のことを懐かしんだりしておりました。

元々正月休みは家族揃って近場へ旅行したいねなんて話になってまして、八景島
なら空いているだろうということでの旅行先のセレクトだったんですが、この予想が
大正解。
元々ディズニーのようにアトラクションに力を入れているテーマパークではないから
なのか、休日に関わらずかなり空いておりました。
追記に添付する写真のように海洋生物とかなり近くで接することができたりと普段
中々経験できないことができたりしつつ、街から離れた所にあるのでそれなりの
旅行感を味わえるので、正月休みに行く場所としては、結構な穴場だと思いました。

追記にて、その時撮った写真を添付しておきます。

イコライザー

.22 2015 映画 comment(0) trackback(0)
equalizer.jpg
 今日も溜まっている去年観た映画のレビューをアップして行きます。
今日のお題は、80年代に放送されたTVシリーズを原典とする「イコライザー」です。

《あらすじ》
ボストンのホームセンターで働くロバート(演じるはデンゼル・ワシントン)は、誠実な
勤務態度と気さくな性格から、同僚達に愛される存在。
彼の日課は、夕食を終え、24時間営業のダイナーで読書をすること。
ある日、いつものように読書をしていると、一人の少女が話しかけてきた。
テリー(演じるは、最近活躍が目覚ましいクロエ・グレース・モレッツ)を名乗る少女は、
歌手を夢見ていたが、現在はロシアマフィアが営業する娼館の娼婦をしていた。
気が合った二人は、その後も頻繁にダイナーで出会うのだが、ある日を境にテリーは
現れなくなる。
暴力をふるう客に手をあげた為に、他の娼婦への見せしめとして胴元のマフィアに
痛めつけられ、テリーが入院したことを知ったロバートは、娼館を営業するマフィアを
訪ねる。
「ホームセンターに勤務するだけでは稼げるはずもない」大金を用意したロバートは、
その金でテリーを自由にするようにマフィアに要求する。
しかし、ロシアマフィア達はその要求を拒否し、死ぬまでテリーを働かせると宣言する。
ロバートは、交渉が決裂したマフィアたちを瞬く間に皆殺しにしてしまう。
何と、ロバートは元CIAのトップエージェントあり、今は弱き人々に害をなす悪を
人知れず抹消する存在だったのだ。
アメリカへの進出を狙うロシアマフィアは、事態の収拾を図る為、元KGBの凄腕の
エージェント・テディを派遣する。
ロバートによって壊滅させられた娼館を目にしたテディは、一目でこの襲撃が敵対
する犯罪組織の者によるものではないと見抜く。
やがて、テディの追跡はロバートに迫って行き…。

以下、ネタばれありの感想です。

THE NEXT GENERATION パトレイバー 第5章

.21 2015 映画 comment(0) trackback(0)
patlabor5.jpg
 今日も、溜まっている去年観た映画の感想のレビューをアップして行きます。
今日のお題は、実写版パトレイバーの第5章です。

《あらすじ》
解散囁かれる警視庁の「お荷物」のはずの特車二課に、今日も今日とて何故か
難事件が舞い込んでくる。
公安から持ち込まれた、特車二課のカーシャと因縁浅からぬロシア人スナイパー
によるロシア政府外商部の高官を狙ったテロ。
そして、初代特車二課が封印した、旧特車二課施設地下に拡がるダンジョンの
探検。
特車二課の命運や如何に…。

以下、ネタばれありの感想です。

大阪同人紀行 2015冬

.19 2015 同人 comment(0) trackback(0)
 告知していた通り、昨日開催されたこみっく★トレジャー25にサークル参加して
参りました。
今日は、イベントの簡単なレポも含めた、大阪での道中記をアップして行きます。

こみっくトレジャー25 告知

.18 2015 同人 comment(0) trackback(0)
 サークル参加案内が届いたので、告知します。

2015年1月18日(日)に、大阪はインテックス大阪にて開催されるオール
ジャンル同人誌即売会「こみっくトレジャー25」にサークル参加します。

配置場所は、
5号館 サ10a
です。
こみトレ24には参加しなかった為、こみトレには1年ぶりのサークル参加となります。
今回は、去年の夏コミと同じくプリキュアジャンルでの申込みとなりました。


当日頒布予定の新刊は、こちらになります。
hyoushi.jpg
去年の夏コミでコピー誌として頒布した「その後のハートキャッチ」本の、大幅加筆修正
版(オフセット版)、「HEARTCATCH AFTER」です。
全24頁、「花咲ふたばが二代目キュアブロッサムになったら…」と云う妄想を具現化
した作品となっております。

勿論、当日はスパロボ本やヒーローのクロスオーバー本も頒布します。
既刊は、こちらを御参照下さい。
闘魂の1巻及び2巻は完売しております。

冬コミにサークル参加出来なかった分、当日は思い切り楽しみたいと思っとります。

大阪のイベントにサークル参加するのは、これで8回目。
今回もイベント前日に大阪入りし、ちょっとした観光を楽しむつもりです。
9月に出張で大阪入りした際には行けなかった「八重勝」に行かなくては…!!

イベント当日は、むさいおっさんが一人ぽつんと座ってますが、気軽にお立ち寄り
下さいね。

(この告知は2015年の1月18日までトップに表示します)

(23時50分追記)
先程無事に帰宅しました。
詳細な報告は後日アップしますが、本日当サークルへお越し頂いた方々には、
この場を借りて御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル

.15 2015 映画 comment(0) trackback(0)
movietaisen2014.jpg
 溜まっている2014年鑑賞映画のレビューのアップ、本日2本目となるお題は、
MOVIE大戦シリーズ6作目となる「仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武
MOVIE大戦フルスロットル
」です。

《「仮面ライダー鎧武 進撃のラストステージ」のあらすじ》
ヘルヘイムの浸食を乗り切り、復興が進んでいた地球に再び危機が訪れる。
あらゆる生命体を自身と融合させることにより、より高次な存在へと進化する
ことを目的とする機械生命体メガヘクスが、地球へと侵攻を開始したのである。
メガヘクスによって、新天地を求めて地球を去った紘太は倒されてしまう。
オーバーロードとの戦闘後にドライバーは破棄され、今まともに戦えるアーマード
ライダーは仮面ライダー龍玄のみとなった地球は、この危機を乗り切ることが
出来るのか…?

《「仮面ライダードライブ ルパンからの挑戦状」のあらすじ》
警視庁特状課は、巷を騒がす大怪盗アルティメットルパンを追っていた。
遂にルパンと対峙する仮面ライダードライブこと進ノ介は、ルパンの目的を
知る。
ルパンの目的…それは仮面ライダードライブを倒し、英雄となる…つまり仮面
ライダーという称号を盗むことであった!

以下、ネタバレありの感想です。

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札

.15 2015 映画 comment(0) trackback(0)
grace of monaco
 新年を迎えて既に2週間が経過しているにもかかわらず、去年観た映画のレビューが
結構溜まっておりました。
入稿というミッションも無事コンプリートしましたので、ぼちぼちレビューの庫出しをして
行きます。
尚、それらが全て終了した後に、「狂犬佐藤の2014年鑑賞映画ベスト10」をアップ
したいと思います。
今日のお題は、モナコ公国に嫁ぐと云う数奇な人生を送ったオスカー女優、グレース・
ケリーを題材とした「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」です。

《あらすじ》
1961年。
ハリウッド女優からモナコ大公の妻となったグレース・ケリー(演じるはニコール・キッド
マン)。
誰もが羨むロイヤルウェディングを経た彼女は、「アメリカ流」の性格が災いし、王室内で
孤立していた。
時を同じくして、モナコ公国は大きな危機に直面していた。
アルジェリアの独立戦争により戦費が必要となったフランスが、モナコ公国に対して、
公国に移転したフランス企業に課税し、その税金をフランスへ納めよと要求してきたので
ある。
従わなければモナコはフランス領とされてしまう。
反抗しようにもモナコ公国にはフランスに対抗できるだけの軍事力はない。
更に、モナコが存亡の危機を迎えているこの微妙な時期に、グレースがハリウッドに復帰
しようとしているとのニュースが世間を騒がす。
極秘であったこの情報が漏れたことにより、グレースは王室内にフランスのスパイが潜入
していることを確信する。
この一件で夫、そして国民の信頼を失ったグレースは、自身の名誉を取り戻し、更に
モナコに平和をもたらすべく、人知れず行動を開始するのであった。

以下、ネタばれありの感想です。

あばよ2014、よろしく2015!

.14 2015 日常 comment(0) trackback(0)
 2015年を迎えてもう2週間が経とうとしておりますが、改めて…新年あけまして
おめでとうございます。

毎年新年一発目の記事に掲げている「今年の抱負」。
本来だったらもっと早くアップしないといけないのですが、つい先日まで、今月の
18日のこみトレ用原稿と格闘しておりまして(本当は勤め先の冬休み中に完成
していたのですが、本文データが完成した時に用紙のサイズを間違えていた
ことに気付いて、三が日終了後の夜に頭が真っ白になりました/苦笑)、遅くなり
ました。

昨年掲げた2014年の抱負は…
①新たな資格取得を目標に勉学に勤しむ。
②去年は一冊も同人誌を発行出来ず終いだったので、最低でも2冊発行出来る
ようにする。
③自分がいつ死んでも良いように、今日と云う日を精一杯送る。
①は、まだ結果が出ていないので何とも言えないのですが、手応え的に正直微妙。
②は、2月の「空想科学大戦~闘魂~零」と「AFTER HEARTCATCH」(コピー
誌版)の2冊を出せたので、目標達成。
③は、一昨年に続き個人的には未達だったように思えます(もし去年ポックリ
逝くようなことがあったと想定して、やり残したことは多数あるので)。
てな訳で今年は…
①去年に続き資格取得を目標に勉学に勤しむ。
②今年は、「オフセットの」同人誌を2冊以上発行出来るようにする。
③自分がいつ死んでも良いように、今日と云う日を精一杯送る。
…と云う3つの抱負を掲げ、
頑張って行きたいと思います。

そんな訳で、今年も日常や映画の感想、サブカルチャー関係のあれこれを語る
個人的な備忘録的ブログではありますが、「劇場管理人日誌」を宜しくお願い
します。
 HOME 

プロフィール

狂犬佐藤

Author:狂犬佐藤
スパロボと映画を愛するオッサンです。
スパロボをメインジャンルに同人活動なんかもやっとります。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

リンク