子供

.31 2010 日常 comment(0) trackback(0)
 勤め先の同僚が5月いっぱいで退社することになり、
今日(昨日)は小規模ながら職場でドンチャンやっとりました。

 今年の秋頃でママになるとのことで、
何と双子が生まれる予定なんだとか。

 自分は、今のこの国のこと、今後のことを考えると、
とても子供を設けようと云う気にはなれない臆病者なので、
この時代に親になる決心をした人は男女年齢問わず、
本当に尊敬します。

 笑顔で会社を去っていった同僚には、
今後沢山の困難が待ち受けていると思いますが、
それらに負けず、
幸せな家庭を築いていってもらいたいな~…と
会社帰りに思った次第です。
スポンサーサイト

最近の仮面ライダーWの感想

.30 2010 特撮 comment(0) trackback(0)
 立て込んでた仕事にカタがつき、
録り溜めしていた33話~36話をやっとこさ鑑賞しました。
W…と云うか平成ライダー作品は2話で1つのエピソードを
消化する形になっているので、
実質2エピソード分が未鑑賞のままだったんですが、
どちらも想像以上に良エピソードで、
すいすいと観れましたよ。

仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王 トリロジー EPISODE RED

.26 2010 映画 comment(0) trackback(0)
deno3.jpg
 昨日、会社帰りにライダー映画初の2週間おきの公開形態となる
電王三部作の第一作「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE
超電王 トリロジー EPISODE RED ゼロのスタートウィンクル
」を観て来ました。
今日はその感想をアップしていきます。
《あらすじ》
何者かが挿入したパスにより暴走したデンライナーは、
2010年の1月を彷徨い続けてしまう。
この件にイマジンが絡んでいることを知ったモモタロスは
良太郎(演じるは佐藤健さん…ではなく「鬼ヶ島の戦艦」から
続投の溝口琢也くん)と共に、
デンライナーを暴走させている犯人を探し始める。
そして、イマジンの匂いを嗅ぎ取ったモモタロスが目にしたのは、
チンピラに絡まれている愛理(演じるはTVや過去の劇場版から
続投の松本若菜さん)だった。
どうやら、そのチンピラがイマジンと接触したらしい。
モモタロスにボコボコにされたチンピラは若い男に頼まれて
愛理を襲ったと言う。
このやりとりを離れて見ていた黒幕らしい人物を発見した
モモタロス。
そこにいたのは、何と侑斗(演じるは勿論中村優一さん)だった!
果たして、デンライナーを暴走させていたのは侑人なのか…?

以下、ネタばれありの感想です。

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

.24 2010 映画 comment(0) trackback(0)
zebraman2.jpg
 客の入りが悪いらしく、
一日2回の上映となってしまい、
会社帰りに観れる時間帯の上映が無くなった為、
日曜日に「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」を観て来ました。
今日はその感想をアップします。
《あらすじ》
妻と娘からバカにされる冴えない教師だった市川(演じるは
前作から続投の哀川翔さん)がゼブラーマンとなって、
寄生エイリアンを倒してから15年。
ゼブラーマンは謎の失踪を遂げ、
東京は新都知事・相原公蔵(演じるはガダルカナル・タカさん)の方針により
ゼブラシティなる街へ変貌した。
この街では毎日朝夕の5分間だけ、
あらゆる違法行為が許される「ゼブラタイム」制度が導入されており、
公蔵とその娘・ゼブラクイーンこと相原ユイ(演じるはアニメ版及び今年公開された
実写版「時をかける少女」でヒロインを演じた仲里依紗さん)はこの制度によって
意に沿わぬ者達を次々と排除。
弱き者達が涙する日々が続いていた。
この暗黒街の路上で市川は目を醒ます。
しかし、市川はゼブラーマンとしての記憶を失っていた。
寄生エイリアンに代わり平和を脅かす存在となったゼブラクイーンと市川は
何故か引かれ合うのだが…。

以下、ネタばれありの感想です。

スーパーロボット超合金

.19 2010 スパロボ comment(0) trackback(0)
 昨日はバンダイ本社でコレクターズ事業部の新作発表会が
行われたそうなんですが、
そこで超合金シリーズの新ブランドが発表されたみたいですね
(詳細はこちら)。
その名も「スーパーロボット超合金」。
何でもリーズナブル&コレクタブルを売りにしてるみたいですが、
これは個人的に非常に嬉しい。
超合金は今までそそられることが何度もあったものの、
高額過ぎて手が出せなかったので…。

 ラインナップももろスパロボを意識した(公式サイトのPVでは版権ロボ、
バンプレオリジナルロボ問わずスパロボの映像を使用している)ものに
なっており、非常に興味をそそられます。
スパロボで同人活動していて困るのはロボットを描く際に、
資料集だけだと拾いきれない情報が出てくることなんですが、
これがスパロボに参戦している古い作品では特に多い(まともな
資料集が出版されていないことがかなりあるし、出版されていても
設定画が非常に小さかったりする為)ので、
それらの作品をカバーしたラインナップになっていることは非常に
ありがたいです。

 バンプレオリジナルロボもまともな資料集がOGの予約特典ぐらいで、
絵を描く際に資料として立体物が欲しいな~と思っていたんですが、
電撃ホビーのフィギュアは高額過ぎるし、
プラモは作る時間が確保出来ないので、
今回のようなリーズナブルな価格の完成形フィギュアの発売は
自分にとって吉報でした。
アルトアイゼンは絶対に購入します!

 今後はサンバルカンロボやシンケンオー等も発売される予定とのことで、
「スーパーロボット超合金」には「ROBOT魂」で拾いきれない作品の
フォローを期待したいところです。

劇場版トライガン Badlands Rumble

.11 2010 映画 comment(0) trackback(0)
trigun.jpg
 GW後半に観た映画の感想アップも今日が最後。
本日のお題はTVシリーズの放送から実に12年経っての
公開となる「劇場版トライガン Badlands Rumble」です。
《あらすじ》
二つの太陽が輝く砂の惑星にて…。
鳴りを潜めていた大強盗ガスバック(演じるは洋画吹替えでもご活躍
されている磯部勉さん)がマッカシティを狙っている…
そんな噂を聞きつけた賞金稼ぎ達は、
ガスバックに懸けられた多額の賞金を狙いマッカシティに大集結する。
その中にはヒューマノイド・タイフーンの異名で恐れられる600億$$の
賞金首ヴァッシュ・ザ・スタンピード(演じるは勿論小野坂昌也さん)の
姿もあった。
ガスバックに大切なものを奪われ、彼の首を狙って賞金稼ぎの一団に
加わる少女アメリア(演じるは坂本真綾さん)にヴァッシュは何かと
ちょっかいを出し、マッカシティから遠ざけようとする。
実はヴァッシュとガスバックには浅はかならぬ因縁があって…。

以下、ネタばれありの感想です。

タイタンの戦い

.10 2010 映画 comment(0) trackback(0)
cott.jpg
 昨日に続いて連休後半に観て来た映画の感想をアップします。
今日のお題は3D大作「タイタンの戦い」です。
《あらすじ》
古代ギリシャの世界。
オリンポスの神・ゼウス(演じるは「96時間」同様本作でも
『強い父親』役のリーアム・ニーソン)は人間を創造する。
オリンポスの神々は人間の祈りの力を得て、不死の存在となっていた。
ところが、人間は次第に傲慢になり、創造主への畏敬の念も薄れ、
神々に反旗を翻すまでになってしまった。
怒りに震えるゼウスに、弟である冥界の神ハデス(演じるは
ハリポタシリーズの「あのお方」役で御馴染みのレイフ・ファインズ)は、
自身が生み出した怪物クラーケンで人間を滅ぼすように進言する。
これを受け、神々は十日後の日食までにアルゴス国のアンドロメダ王女を
生贄として差し出さなければ、クラーケンを解き放つことになった。
ハデスと人間の戦いにより両親と妹を失ったペルセウス(演じるは本作と
同じく3D大作「アバター」にて主役を務めたサム・ワーシントン)は、
ハデスから自身がゼウスと人間の間に生まれた半神(デミゴッド)で
あることを教えられるが、家族の仇を討つため、
人間のクラーケン討伐部隊に参加する。
強大な力を持つクラーケンの弱点を知る為、
討伐部隊はグライアイの3魔女が住まう地獄山へと向かうが、
彼等の前にハデスが放った刺客が立ち塞がるのだった…。

以下、ネタばれありの感想です。

てぃだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡

.09 2010 映画 comment(0) trackback(0)
tida.jpg
 自分は先週の土曜から今日までお休みを頂いておりました。
やっていたことは相も変わらず映画鑑賞とイラスト描き、
そして中学時代からの友人と会ったり、
連休前に購入していたスーパーストリートファイター4で
遊んだり、等々。
去年同様遠出はしておりません。

今日はそんな連休中に観た映画の感想をアップしていきます。
連休中に観たのは先日感想をアップした
シャッターアイランド、クレヨンしんちゃん、コナンの
3本に加え、6日と7日に観た
「てぃだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡」
「タイタンの戦い」
「劇場版TRIGUN Badlands Rumble」
の計6本となりました。
今日のお題は「てぃだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡」です。
《あらすじ》
沖縄で美しいサンゴが見れるバーを経営している
金城健司(演じるはナイナイのムービースター・岡村隆史さん)は
子供の頃から海の生き物を見るのが大好きな青年。
美しい妻・由莉(演じるは松雪泰子さん)に支えられ、
2人の子供にも恵まれ、
経営する店も支店が出来るほど繁盛し、
順風満帆な生活を送っていた。
しかし、温暖化及び開発により美しい沖縄のサンゴが
死滅している様を目の当たりにした健司は、
経営する店を全て閉め、
自分の子供達にかつて自分が子供の頃に見た美しいサンゴの
海を見せてやる為、
サンゴを養殖し、海に移植することを決意する。
しかし、前代未聞のサンゴの移植計画には数々の困難が
待ち受けていた。
計画推進派の沖縄県民達の嫌がらせ、
学の無い健司の計画をハナから相手にしない学者達…。
思うように資金も集まらず、
家族に迷惑をかけ続けてしまっている健司は、
美しいサンゴの海を甦らせると云う夢を諦めようとするのだが…。

以下、ネタばれありの感想です。

名探偵コナン 天空の難破船

.07 2010 映画 comment(2) trackback(0)
conan14.jpg
 5月の映画ファンサービスデーに観た作品の感想アップも
今日で最後。
本日のお題はシリーズ14作目となる「名探偵コナン 天空の難破船」です。
《あらすじ》
国立東京微生物研究に保管されていた
新種の殺人バクテリアが強奪される。
実行犯は「赤いシャム猫」なるテロリスト集団。
彼等はネット上に、7日間以内に次の行動を起こすとの
声明文を発表する。
時を同じくして、怪盗キッドを目の敵としている鈴木財閥相談役の
鈴木次郎吉は、キッドが狙う宝石を自身が所有する最新の飛行船の
試験飛行中に、飛行船のスカイデッキに展示するとの挑戦状を
キッドに叩き付け、キッドもこれに応じることになった。
鈴木財閥のお嬢様である園子に誘われ、
飛行船の試験飛行に同乗することになったコナン一行。
ところが、この飛行船には「赤いシャム猫」によって殺人バクテリアが
ばらまかれていた!
飛行船を瞬く間に占拠した「赤いシャム猫」の要求は、
飛行船を大阪に向かわせること。
果たして、彼等の真の狙いとは何なのか…?

以下、ネタばれありの感想です。

クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁

.06 2010 映画 comment(0) trackback(0)
shinchan18.jpg
 昨日に続き、5/1に観た映画の感想をアップしていきます。
今日のお題はシリーズ18作目となる
クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」です。
《あらすじ》
今から数十年後の未来。
日本に落下した隕石により世界は常に闇に包まれ、
しんのすけが住んでいた春日部市は様変わりし、
大企業「金有電機」の社長・金有増蔵(演じるは内海賢二さん)が
支配者として君臨する日本一の大都市・ネオトキオに変貌していた。
父である増蔵の反対を押し切り、大人になったしんのすけ(演じるは
神奈延年さん)と結婚しようとしていたタミコ(演じるは釘宮理恵さん)
だったが、増蔵の手によりしんのすけは仮死状態にされ、
連れ去られてしまう。
「5歳のオラのパワーが必要だ!」
しんのすけの残したメッセージに従い、
婚約者を救うべくタミコは現代へタイムスリップする。
タミコと共に未来へやって来たしんのすけとカスカベ防衛隊は、
大人になったしんのすけを救うことが出来るのか…?

以下、ネタばれありの感想です。

シャッターアイランド

.05 2010 映画 comment(0) trackback(0)
sisland.jpg
5/1は映画ファンサービスデーだったんですが、
GW真っ只中と云うこともあり、
昨年同様映画の梯子を慣行。
今年観たのは…
「シャッターアイランド」
「クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」
「名探偵コナン 天空の難破船」
の3本。
今日は「シャッターアイランド」の感想をアップしていきます。
《あらすじ》
1954年9月。
第二次世界大戦にて兵役を勤めた連邦保安官のテディ
(演じるは、本作でスコセッシ監督と組むのが4度目となる
レオナルド・ディカプリオ)は新しい相棒の保安官チャックと共に、
ボストンの遥か沖合に浮かぶ孤島・シャッターアイランドへ
やって来た。
この島に建てられた精神を患った囚人を収容する
アッシュクリフ病院から一人の囚人が忽然と姿を消し、
その失踪事件の捜査がテディ達の仕事であったが、
テディには別の思惑があった。
彼はかつて愛する妻を放火によって失っており、
その犯人がアッシュクリフ病院に収容されているとの
情報を得た彼にとって、犯人への復讐こそが真の目的だったのだ。
しかし、失踪事件の捜査及び放火犯の追跡をしていく内に、
彼はアッシュクリフ病院が政府の意のままに動く人間を
創り上げる施設ではないかとの疑念を抱き始める。
捜査に非協力的な病院のスタッフ、
そして忽然と姿を消してしまった相棒のチャック。
徐々に追い詰めれていくテディはやがて、
驚愕の真実を知ることになる。

以下、ネタばれありの感想です。

仮面ライダーW 31話・32話感想

.01 2010 特撮 comment(0) trackback(0)
 COMIC1の準備やら、連休前の仕事の追い込みやらで
観れていなかったので、本日一気に鑑賞。
平成ライダーのパワーアップエピソードの中ではトップクラスの
出来だったと思います。
翔太郎とフィリップ、二人が真の意味で「相棒」になった時、
エクストリームへと進化を果たしたW…
う~ん、何と燃える展開でしょうか!
二人が持つ全てのメモリの力を一度に発揮できるなど、
その圧倒的な強さの描き方も非常に格好良かった!

 絶望に打ちひしがれた翔太郎が立ち上がり先述したカタルシスに溢れる
パワーアップを果たすと云う盛り上げ方、
おやっさんこと吉川晃司さんが唄うバラードがかかるタイミング、
ゾーン・ドーパントの能力の伏線等々、
他にも見所満載で、過去のエピソードの中でも個人的に最高の出来だった
27、28話と同じ位楽しめた&燃えたエピソードでした。

 (少し気になったこと)
・若菜姫はメモリがいじくられたことにより、常時頭がおかしくなった
訳ではないんですね。
てっきりこのまま篠原ともえみたいなテンションが続き、
フィリップの手によって正気に戻る…みたいな展開になるのかな~と
思っとりました。
・最近、井坂先生のヤムチャ化が著しいですね。
主人公側のパワーアップの前座にされているようなここ最近の
彼の扱いには思わず涙が…(苦笑)。
そもそも、今回の事件に冴子達が参戦する意味を余り感じられなかったです。
 HOME 

プロフィール

Author:狂犬佐藤
スパロボと映画を愛するオッサンです。
スパロボをメインジャンルに同人活動なんかもやっとります。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

リンク