スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMIC1☆4お疲れ様でした。

.30 2010 同人 comment(0) trackback(0)
 連休に突入した昨日。
こちらで告知した通り、オールジャンル同人誌即売会「COMIC1☆4」に
参加してきましたので、今日はその簡単なレポを。
スポンサーサイト

COMIC1☆4に参加します

.29 2010 同人 comment(0) trackback(0)
 昨日カタログ販売日だったので、この場を借りて告知を。
タイトルそのまんまなんですが、今月の29日(木)に開催される
オールジャンル同人誌即売会「COMIC1☆4」にサークル参加します。
配置スペースは「く08b」
ジャンルは勿論スパロボです。
新刊は(多分)用意出来ないと思われます。スミマセン。
周りが素晴らしいスパロボサークルさんばかりで、
「どう見ても緩衝材です。ありがとうございました。」な配置ですが、
ゴールデンウィーク初日にご予定が無い方は、
遊びに来て頂ければ幸いに思います。

(この告知は4月29日までトップに表示します)

アリス・イン・ワンダーランド

.21 2010 映画 comment(0) trackback(0)
alice.jpg
 昨年、知人にクリスマスプレゼントとして「アリス・イン・ワンダーランド」の
チケットをもらってまして、17日より公開だったので公開初日に観に行こうと
思っていたのですが、どえらい人でごった返しており、土日祝日に観ることを諦め、
昨日会社帰りに観て参りました。
ただ、サービスデイではなく、天候にも恵まれていなかったのにも関わらず、
ほぼ満席だったのには驚かされましたが…。
そんな訳で、今日は「アリス・イン・ワンダーランド」の感想をアップしていきます。
ちなみに、観たのは3D版です。
《あらすじ》
動物達が人語を喋るなど常識が通用しない不思議な世界・アンダーランドをアリスが
旅してから13年。
19歳の美しい女性に成長したアリスは母親が勝手に取り決めた縁談に戸惑い、
縁談の会場から一人抜け出してしまう。
その先で見かけた白うさぎを追って、アリスは再びアンダーランドへ迷い込む。
再び足を踏み入れたアンダー・ランドは赤の女王(演じるはティム・バートン作品に何度か
出演し、実生活で彼のパートナーにもなっているヘレナ・ボナム=カーター)の恐怖による
統治が進み、本来の王位継承者であった白の女王(演じるはアン・ハサウェイ)は
追いやられ、多くの住人達は赤の女王一味に怯えて暮らしていた。
実は、アリスは預言の書に記された赤の女王の支配を終わらせる者としてこの地に
呼び戻されたのである。
しかし、幼い頃の記憶を失っていたアリスは自分にそのような大役をこなすことは不可能と
主張する。
アリスの帰還を待ち望んでいたうさぎやトウィードルダム&トウィードルディーの双子、
そして帽子屋(演じるは先日本作のPRの為来日したジョニー・デップ)ら仲間達は
赤の女王に捕えられてしまう。
果たして、アリスは仲間達を救い、赤の女王の支配を終わらせることが出来るのか…?

以下、ネタばれありの感想です。

マイレージ、マイライフ

.16 2010 映画 comment(0) trackback(0)
uita.jpg
 昨日、会社帰りに先日観た「第9地区」と同じく本年度の
オスカー作品賞候補となった「マイレージ、マイライフ」を観て来ました。
今日はその感想をアップしていきます。
《あらすじ》
企業に代わり従業員にリストラを通告し、再就職を支援する「リストラ宣告人」を
生業とするライアン(演じるはジョージ・クルーニー)は、全米津々浦々を周る職業故、
1年の殆どを飛行機の中で過ごす。
彼には「1,000万マイルのマイレージを貯める」と云う密かな目標があった。
しかし、新人のナタリーの提案によりライアンの所属する会社は
リストラ宣告をオンラインで行い、リストラ宣告人達の旅費を削減しようとしていた。
ライアンはこの計画に猛反発。モニター越しではまともな対応が出来ないと主張する。
ボスにその主張を証明してみろと命じられたライアンは、
ナタリーを連れて仕事をすることになる。
旅先で出会った美女アレックスとの出会い、そしてナタリーと共に仕事をすることで、
ライアンは人生に何が必要かに気付き始めるのだが…。

以下、ネタばれありの感想です。

スーパーヒーロータイム(4/11)感想

.13 2010 特撮 comment(0) trackback(0)
天装戦隊ゴセイジャー 第9話
 今回もまたコメディタッチのストーリーでした。
前回に比べたらややパワーダウンするも、
前々回の滅茶苦茶な話に比べれば面白かったです。
「イリアンの毒液が男性にしか効き目が無い」なんて設定を作るなどして、
女性陣のみで戦わなければならない理由を明確にしておけば、
もっと面白くなったんじゃないでしょうか。
男性陣をたった一人で圧倒する程の強さを持ったイリアンを、
エリとモネのみで倒してしまったのが今一納得出来なかったんですよね。
 デレプタが強くなっているゴセイジャーを見て喜んでる描写は、
いかにもライバルキャラっぽくて格好良かったです。
ゴセイジャーの面々が全員喰らっていたイリアンの毒液を難なく避けたシーンは、
彼の底知れない強さを感じる描写だと思いました。
 今回イリアンをゆかなさんが演じてましたが、
確かゆかなさんの特撮出演は初めてだったはず。
なので、何か新鮮でした。
フルメタのテッサとは声の質が全く異なるキャラだったので、
クレジットを見なければ、ゆかなさんが声を当てていたことに
気付かなかったと思います。

仮面ライダーW 第30話
 夢の中のお話後半戦。
前回すんごい引きで次回に続いたW。
フィリップが意外とアッサリ危機を回避したのは
拍子抜けしてしまいましたが、それ以外は前回に続き、
細部に作り手側の遊び心が詰まっていて、
非常に楽しませてもらいました。
 亜樹子の大阪での夢の描写はそんなに重要な部分じゃないのに、
関西人になってしまったフィリップ&照井や、
亜樹子の変身シーンなど力が入りまくっていて、
バカを真面目にやることが大好きな自分にとっては至福の30分でした。
 次回はいよいよWがパワーアップしそうな雰囲気ですね。
シュラウドの言葉など新たな伏線が張られたりして、
ますますこれからの展開から目が離せません。

第9地区

.12 2010 映画 comment(0) trackback(0)
d-9.jpg
 昨日、本年度オスカーの作品賞にノミネートされた「第9地区」を観て来ました。
今日はその感想をアップしていきます。
《あらすじ》
突如ヨハネスブルグ上空に出現した巨大UFO。
その中には人間大の地球外知的生命体が無数に潜んでいた。
何らかの原因により母船を動かせなくなった彼らは、
母星に帰還できない難民だったのだ。
南アフリカ政府は処遇が決まるまでの間、
UFO近辺に形成した第9地区の仮設住宅に彼らを
住まわせることにする。
それから28年。
第9地区はスラム化し、「エビ」と俗称された異星人達と
ヨハネスブルグ市民との軋轢は深まるばかりだった。
これらの問題を打破する為、第9地区の管理を委託されていた
多国籍軍事企業MNUは異星人達を第9地区から新たに創設した
収容所へ強制退去させようと画策。
この計画の総責任者となったMNU職員のヴィカスは計画実行中に、
異星人が大事に保管していた謎の液体を誤って浴びてしまう。
ヴィカスの身体に恐るべき変化が起ころうとしていた…。

以下、ネタばれありの感想です。

Another Century's Episode Rと魔装機神

.09 2010 スパロボ comment(0) trackback(0)
 最近スパロボ関係の新作タイトルの発表が続いてますが、
どれも個人的に嬉しいタイトルばかり。
 まず、今週発売のファミ通で発表された「Another Century's Episode R」。
本家のスパロボではないですが、
ようやく大好きなフルメタが据え置き機のタイトルに参戦してくれました!
どでかいベヘモスの写真を見ただけで脳汁出まくり状態です(笑)。
他にも「マクロス ゼロ」や「マクロスF」等最近チェックしたばかりの作品が
参戦してくれるのも嬉しい限りです。
ACE3の例を考えると、これらの作品が(スクコマ等の亜種は除く)本家スパロボに
参戦してくれる日もそう遠くないかもしれません。
 次に「魔装機神」。
自分はαシリーズからスパロボに興味を持ったので、ラ・ギアスの面々に関しては
無知に近い状態でして、マサキとシュウの因縁や、シュウの背後に潜むモノなど
理解出来ない部分も多く、歯痒い思いをしておりました。
ですので、このリメイクの第一報を聞いた時は非常に嬉しかったですね。
 そんなわけで、買ってすぐ出来るとは思えませんが、
この2タイトルは発売日に購入予定です。
個人的に発売日が楽しみなゲームタイトルは久しぶりだな~…。

スーパーヒーロータイム(4/4)感想

.08 2010 特撮 comment(0) trackback(0)
天装戦隊ゴセイジャー 第8話
 今年の戦隊は面白さに波があるな~などと個人的に思っています。
今週は先週と同じくコメディタッチのストーリーでしたが、
面白さは断然こっちが上でした。
 今まで「変身出来なくてピンチ」な話は過去の戦隊モノにもありましたが、
「変身したくもないのに変身しちゃってピンチ」な話は確か無かったはず。
そのピンチの見せ方が斬新で面白かったです。
名乗りのシーンでのアラタの変身解除のシーンなんか、
タイミングが神懸ってたと思います。
アラタが絵を描けない理由が逆転劇の伏線になっていたのも予想外で面白かった。
 今週からEDのシーンが変わりましたが、あれって一回ポッキリなんでしょうかね…?

仮面ライダーW 第29話
 夢の世界でのお話前半戦。
こちらもコメディタッチのストーリーでしたが、
夢の世界だからこそ可能ななんでもありの描写が、
「そんな所に力を入れてどーする?」と思うような箇所にまで
作り手側の遊び心が詰まっていて、非常に楽しませてもらいました。
ガイアメモリも時代劇チックな外観になっていただけでも十分なのに、
立木さんの一回ポッキリの変身ボイスを新録しているなんて、
(良い意味で)無駄な所に力を入れてるな~…。
 おバカをやっている一方で、ミュージアム側の描写は先週に続き
緊張感が溢れていて、見応え十分でした。
若菜が壊れていく描写も怖かったんですが、
琉兵衛が作中初めて見せた剥き出しの怒気も怖かった。

プリキュアオールスターズDX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!

.05 2010 映画 comment(0) trackback(0)
precuredx2.jpg
 昨日、「フレッシュプリキュア」や「なのは」等の未知の世界を
自分に教えてくれた(笑)友人に連れられ、
プリキュアオールスターズDX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!」を
観て来ました。
今日はその感想をアップしていきます。
《あらすじ》
残された地図を頼りに、突然姿を消したシプレとコフレを探しに出かけた
つぼみとえりかが辿り着いたのは、
海上に建設された遊園地・フェアリーパークだった。
そこは妖精達をモチーフにした巨大テーマパークで、
今まで歴代のプリキュア達を支えてきた妖精達に交じり、
シプレとコフレも楽しげに遊んでいた。
しかし、世界中の希望が詰まったフェアリーパークの秘宝「レインボージュエル」を
狙って、深海の闇・ボトム(演じるは梁田清之さん)が出現。
ボトムによって甦った悪の勢力が大暴れし、フェアリーパークは大パニックに。
変身して応戦するつぼみとえりかだったが、
多勢に無勢で追い詰められてしまう。
絶体絶命の二人を救ったのは、15人の歴代プリキュア戦士達だった!

以下、ネタばれありの感想です。

フィリップ、きみを愛してる!

.02 2010 映画 comment(0) trackback(0)
ilypm.jpg
 会社帰りに、実在するゲイの詐欺師を描いた「フィリップ、きみを愛してる!」を観て来ました。
今日はその感想をアップしていきます。
《あらすじ》
妻子を持つ警官のスティーヴン(演じるは久々にスクリーンで見たジム・キャリー)は、
自身がゲイであることを妻にカミングアウト。
「彼氏」と共に暮らし始める。
IQ169をほこる彼は、天才的な詐術で大金をかき集め、
恋人に貢いでいたが、遂に逮捕されてしまう。
刑務所で彼は、サービス詐欺で服役していたフィリップ(演じるはユアン・マクレガー)と
意気投合し、「恋仲」となる。
フィリップより先に刑期を終えたスティーヴンは、己をフィリップの弁護士と名乗って、
彼を釈放させる。
仲睦まじきゲイライフを始める二人。
しかし、ある事件をきっかけに、フィリップはスティーヴンが弁護士などでは無く、
詐欺師であることを知ってしまい…。

以下、ネタばれありの感想です。
 HOME 

プロフィール

狂犬佐藤

Author:狂犬佐藤
スパロボと映画を愛するオッサンです。
スパロボをメインジャンルに同人活動なんかもやっとります。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。