ハプニング

.23 2008 映画 comment(0) trackback(0)
happening.jpg

 お盆休みに観た映画6本目は、「シックス・センス」以来作品のオチばかりが
注目されてしまうようになってしまったM・ナイト・シャラマン監督の最新作
ハプニング」です。

《あらすじ》
 ニューヨークのセントラルパークで突然大勢の人々が動きを止めたかと思うと
次々と自らの命を絶ち始めた。
公園近くの工事現場でも建物の屋上から作業員が次々と身を投げ始める。
フィラデルフィアの高校に勤める科学教師のエリオット(演じるは「ディパーテッド」の
刑事役で強烈な印象を残したマーク・ウォルバーグ)は、神経を侵すガスを使った
テロ攻撃であるとこの異常事態を報じるニュースを聞いて、同僚のジュリアン親子と
妻のアルマと共に電車で遠方へと避難しようとする。
しかし、異常事態はエリオットの予想を超えて急速に、そして広範囲に広まりつつ
あった…。

以下ネタばれありの感想。
スポンサーサイト

ゴーオンジャー&仮面ライダーキバ劇場版 

.23 2008 映画 comment(0) trackback(0)
shtg.jpg
 お盆休みに観た作品4本目と5本目は毎年夏の公開が恒例となっているスーパーヒーロータイム作品(戦隊モノと仮面ライダー)の劇場版です。
以下ネタばれありの感想。

風が吹くとき

.23 2008 映画 comment(0) trackback(0)
wtwb.jpg

 先日に続き、今日もお盆休みに観た映画の感想をアップしていきます。
お盆休みに観た映画3本目は、
1987年に公開されたアニメーション映画のデジタルリマスター版「風が吹くとき」です。

《あらすじ》
イギリスの片田舎に住む老夫婦ジムとヒルダ。
息子も独立し、年金生活を送る2人は、
日々とりとめもない話をしながら平和に暮らしていた。
一方、世界情勢は急激に悪化していて、
イギリスは遂に戦争状態に突入する。
政府のマニュアルに従いシェルターを作り、
攻撃に備える2人。
そんな時ラジオがイギリス本土に核ミサイルが発射されたことを伝え、
数分後強い光と爆風が起こった。
第一波を生き延びた2人だったが、
徐々に放射能が彼らの体を蝕んでいくのであった…。

以下ネタばれありの感想です。

インクレディブル・ハルク

.17 2008 映画 comment(0) trackback(0)
ih.jpg
 お盆休み2本目に観たのは、
アメコミヒーローの実写映画化作品「インクレディブル・ハルク」です。

《あらすじ》
科学者ブルース・バナー(演じるは個性派俳優エドワート・ノートン)は、
軍のスーパー・ソルジャー計画(超人的な力を持った兵士の開発計画)の実験事故で、
大量のガンマ線を浴びたことにより、
怒りの感情等で心拍数が200を超えると、
理性を失い本能のまま暴れまわる緑の肌の巨人・ハルクに変身するようになってしまった。
軍に利用されることを恐れたブルースは、
自分の体の治療する方法を探しつつ軍からの逃亡生活を始める。
しかし計画の指導者であるロス将軍は追跡の手を緩めず、
ついにブルースがブラジルに潜伏していることを突き止めてしまう。
果たしてブルースはロスから逃げ切り、
治療方法を見つけることが出来るのか!?

以下ネタばれありの感想。

俺たちダンクシューター

.17 2008 映画 comment(0) trackback(0)
sp.jpg
 お盆休みに観た映画1本目は個人的に大ヒットだった「俺たちフィギュアスケーター」のウィル・フェレル主演のスポーツコメディ「俺たちダンクシューター」です。
以下ネタばれありの感想。

今年のお盆休み

.17 2008 日常 comment(0) trackback(0)
 世間様では昨日今日がお盆休みのUターンラッシュだったようですな。自分は今年8/9から今日までお休みを頂きまして8/11~8/14まで香港・マカオへ家族旅行、8/16はスパロボサークルが配置される日だったので夏コミへ、あとは飽きもせず映画を観まくっておりました。
 香港、マカオは日本に負けず劣らずクソ暑かったです。Gガンダムの決勝戦やフルメタTSRの最終決戦の舞台となった香港では作中に登場した場所に行っては喜んでおりました。夜中の天井無しの2階建てバスで香港の街中を回ったツアーが個人的に最高でしたね。ちなみにマンガ、アニメ等のサブカルチャーは殆ど日本の作品のみで(香港のトイザらスで見かけたのはマジレンジャーや仮面ライダー響鬼等日本で売れ残ったものを再利用した、ちょいと古めの作品のおもちゃとアメコミのおもちゃのみ。但しバンダイのプラモに関しては最新の商品が並んでました)、香港独自のものが見つからなかったのが残念でした。メシに関しては同じアジアの国なんではずれは無かったです。別段トラブルも無く、実に有意義な旅行でした。
 夏コミは4年ぶりの一般参加で、当日は10:30から並び、11:00に入場。自分は特に企業スペースには興味がないのでお目当てのスパロボサークルと格ゲーサークルを見て回り、12:00には会場を後にしました。また、9月に行われるスパロボオンリーの受付も済ませてきました。今年はかなりの数の方が暑さにやられてばったばったと倒れてしまったとか。自分も会場を歩いていた時、顔面蒼白でふらふら力なく歩いていた女性を見かけましたが、あの人は無事に帰れたのかな…。今年は例のエスカレーター事故の影響で一部のエスカレーターが使えなくなったり、秋葉原の一件で警備体制が強化され、参加者の荷物検査が実施される等少々物々しかったですが、大きなトラブルも無かったようなので安心しました。サークル参加された方、一般参加された方、そしてコミケスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした!
 最後に映画はお盆休み中8本(仮面ライダーキバとゴーオンジャーは別作品としてカウント)観ました。8本の内訳は「俺たちダンクシューター」、「インクレディブル・ハルク」、「風が吹くとき(デジタルリマスター版)」、「仮面ライダーキバ 魔界城の王」、「炎神戦隊ゴーオンジャー BUNBUN!BANBAN!劇場BANG!!」、「ハプニング」、「スカイ・クロラ」、「ダークナイト」。これらの感想は今日から順次アップしていきます。
 今年のお盆は社会人になって初の海外旅行へ行ったことが一番大きなイベントでした。さて、明日から気分を入れ替えて頑張って仕事するぞ! 

NARUTO 疾風伝 絆

.16 2008 映画 comment(0) trackback(0)
nsk.jpg
 最後の1本は夏の定番作品NARUTOの劇場版、「NARUTO 疾風伝 絆」です。
以下ネタばれありの感想。

攻殻機動隊2.0

.16 2008 映画 comment(0) trackback(0)
gis2.jpg
 会社帰りに観た映画3本目は「スカイ・クロラ」公開記念として上映された「攻殻機動隊2.0」です。
以下ネタばれありの感想。

クライマーズ・ハイ

.15 2008 映画 comment(0) trackback(0)
ch.jpg
 ちょっと日が空いてしまいましたが、先週会社帰りに観た映画の感想を
アップしていきます。
2本目は、日航ジャンボ機墜落事故を追った新聞記者達の熱いドラマを
描いた「クライマーズ・ハイ」です。

《あらすじ》
 1985年8月12日。
群馬県の有力紙・北関東新聞社に共同通信社からの緊急ニュース速報が
響き渡る。
「東京発大阪行き日航123便が横田基地の北西数十キロの地点で
レーダーから姿を消しました。」
単独の航空機事故では最大規模となる日航ジャンボ機墜落事故の
第一報である。
地元で起こった未曾有の大事故で興奮に包まれる北関東新聞社。
この事故の全権デスクを任されたのは、遊軍記者である悠木
(演じるは堤真一さん)。
社内の他部署とのぶつかり合い、上層部のやっかみ、そして、
事故の凄惨さ…
様々な問題にぶつかりながらも、悠木は懸命に記者としてこの事故に
取り組んでゆく…。
 
以下ネタばれありの感想。

西の魔女が死んだ

.09 2008 映画 comment(0) trackback(0)
twotwid.jpg
 今日は今週会社帰りに観てきた映画の感想をアップしていきます。
一本目はロングセラーとなった短編小説が原作の「西の魔女が死んだ」です。

《あらすじ》
 中学生の少女・まいはクラスメイトとの交友関係に疲れ、
登校拒否を決意。
人里離れたイギリス人の祖母の家で生活することになる。
祖母の家系は魔女の家系であることを聞かされたまいは、
優しい祖母の下、一人で物事を判断し、行動する為の「魔女修行」
(と言っても魔法の訓練の類ではなく、早寝早起き、食事をしっかりとり、良く運動すること)
を受ける。
この修行を通じてまいは、
徐々に生きる力を取り戻していくのだった。

以下ネタばれありの感想です。

告発のとき

.03 2008 映画 comment(0) trackback(0)
itvoe.jpg
 
 今日はこの週末観た映画の感想をアツプしていきます。観てきたのははイラク戦争帰還兵の殺人事件を描く実話を基にした作品「告発のとき」です。以下ネタばれありの感想。

カンフーパンダ

.02 2008 映画 comment(0) trackback(0)
200807271640000.jpg
 昨日、最近オープンしたばかりの劇場で、
カンフーパンダ」のレイトショーを観てきました。

《あらすじ》
カンフーの始祖であるウーグウェイ導師は、
かつて多くの動物達が住む平和な谷を荒らしまわって刑務所に投獄された
邪悪なカンフー戦士のタイ・ランが脱獄すると予言する。
そしてタイ・ランと戦い谷に平和をもたらす伝説の「龍の戦士」を選定した。
選ばれたのはラーメン屋で働くカンフーおたくで、
運動神経ゼロのパンダ・ポーだった!

以下ネタばれありの感想です。
 HOME 

プロフィール

Author:狂犬佐藤
スパロボと映画を愛するオッサンです。
スパロボをメインジャンルに同人活動なんかもやっとります。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

リンク