「絶対可憐チルドレン」アニメ化情報解禁について

.28 2008 アニメ・コミック comment(0) trackback(0)
 昨日発売の週刊少年サンデーにて自分が敬愛する漫画家・椎名高志先生の
絶対可憐チルドレン」(以下絶チル)のアニメ化に関する情報が掲載されていました。

 絶チルは超能力者がごくごく当たり前になった近未来(?)、
一人の青年科学者と彼が教育することになった日本最強の超能力少女3人組
(ザ・チルドレン)が様々な事件を解決していく、
ドタバタアクションコメディ漫画です。
この絶チルのアニメ化情報は公式発表がある前から噂になっていて、
正式なアナウンスが行われた時、
自分は本当に跳びあがるぐらい喜んだものです。
何しろ大好きな椎名先生の漫画がアニメ化されるのは
「GS美神 極楽大作戦!!」以来。
10年以上もの時が経っていましたから…。
「また愛すべき椎名先生のキャラクター達が
ブラウン管で動き回る姿を見ることが出来るんだ!」
嬉しさがマックスゲージとなった自分は、
アニメ化情報の第一報を見聞きしてから続報を待ち続けました。

 で、今回、サンデーにて主要キャラのキャスト及び
ちょっとした設定資料やアニメのワンシーンが掲載されたわけです。
キャラクターデザインは椎名先生の絵の特徴を巧く表現できていると
自分は思いました。
そしてキャストなんですが…
正直自分が知ってるのはチルドレンの教育係・皆本役の中村悠一さんと
チルドレンの一人・薫役の平野綾さんのみでした。
しかもこのお二人も詳しく知ってると云う訳ではなく、
自分がたまたま観ていた作品に出ていたからでして
(中村さんはガンダム00で、平野さんは弟が観ていたハルヒで)、
殆ど知らないも同然です。
ネットでは今回のキャスティングに関して批判的な意見をよく目にしますが、
自分は主要キャストを殆ど知らないからこそ楽しみだったりします。
放送開始は4/6日曜朝10時。4月からは日曜朝の楽しみが増えそうです!

 今回の絶チルのアニメが人気になり、椎名作品が見直され、
GS美神が再アニメ化されないかな~…。
スポンサーサイト

チーム・バチスタの栄光

.26 2008 映画 comment(0) trackback(0)
200802252152000.jpg

 このブログでは自分が観た映画の感想も書いていこうと思います。
自分は時間が合えば、会社帰りによく映画を観に行くのですが、
今晩も丁度良い上映時間の回があったチーム・バチスタの栄光を観て来ました。

 で、感想を述べる前に、
このブログでの映画の感想の記事に関して2つ注意ごとがあります。
1つはネタバレありであること。
貴方が気になっていて、結末を知りたくない作品が取上げられていた場合は
記事を読むことをお勧めしません。
2つめは自分は映画を観る場合、
「とにかく楽しもう!」
と云うスタンスですので評価は甘甘です。
観た映画をめちゃめちゃに貶すことなんて非生産的ですし、
そんなレビューを聞いたり見たりすることは
余り気持ちの良いものじゃないと自分は思ってます
(だから最近のハリウッド大作をくそみそに罵り、
ミニシアター系の作品のみを絶賛する映画評論家や
某井筒のおっさんは嫌いです)。
それでは以下から感想を述べていきます。

今日のスーパーヒーロータイム

.25 2008 特撮 comment(0) trackback(0)
自分が毎週欠かさずチェックしているTV番組は
めちゃイケガキ使、ロボットメインのアニメ(最近だとガンダム00)、
そして戦隊と仮面ライダーで構成されるスーパーヒーロータイムとそれ程多くないのですが、
このブログではガンダム00とスーパーヒーロータイムの感想を書いていきたいと思っています。

炎神戦隊ゴーオンジャー GP-02 無茶ナヤツラ
 いやー、第一話からかなりぶっ飛んでると思ってましが、
その勢いが今回も維持されていたようで安心しました。
 今回は炎神戦隊の誕生と炎神の秘密、
そして追加メンバー登場がメインのストーリー。
炎神の戦闘時間に制限があるようなので今後敵がそこを突いてきて
ピンチに陥るエピソードがありそうですね。
戦闘中にしっかり人助けしているシーンが描かれているのは好印象でした。
今回思わず笑ってしまったのがブラックの
「カッコよすぎる…!」
の一言。
第一話で戦闘も変身もしていないのに並々ならぬ存在感を醸し出し、
今回もクールキャラなのに思わず先述のような台詞を口にする彼が
自分にとってお気に入りキャラです。
今年も戦隊は楽しませてくれそうです。

仮面ライダーキバ 第5回 二重奏 ストーカーパニック
 前回からの渡の自分を変えようとする試みは今回も続いているようで、
第一話の異臭騒ぎで迷惑をかけたご近所さんにお詫びとして
バイオリンコンサートを開催しようとしてました。
前々回で机を盗もうとした喫茶店に謝りに行ったり、
今回のような行動をとったりと渡が自分で引き起こしたトラブルの顛末を
ちゃんと描いてくれたことにはホッとしました。
数多くのヒーローの中でもやはり仮面ライダーは特別な存在で、
沢山の子供達の憧れの対象であり(…と自分は考えています)、
そんなライダーに変身する者が異臭騒ぎや窃盗で他人様に迷惑をかけるのは
どうなのかな~と思っていたので。
 今回から松田賢二さん演じるガルルが本格的に物語に絡んできましたが、
今後どのような展開を経てキバに力を貸すようになったのか…
非常に楽しみです。
あと啓介の変身体は今回はおあずけだったのがちと残念でした。
それにしても現代と過去が絡み合うのが今回のライダーの特徴なのですが、
自分は正直まだ慣れてません。
観てる子供達はどう思ってるのかも気になります。
ちなみに自分の職場の上司の息子さん(幼稚園児)は混乱してるそうで、
今年はライダーより戦隊の方にご執心とのこと。

そう言えば今日のキバで劇場版仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事のCMが
流れてましたね!
平成のライダーが競演するのはヒーローショー、
てれびくんの応募者全員サービスのビデオを除いたら初めてのことですよね。
自分はスパロボやキングオブファイターズのような作品の枠を超えた
クロスオーバーものには燃える性格なので公開される4月が待ち遠しいです。
 HOME 

プロフィール

Author:狂犬佐藤
スパロボと映画を愛するオッサンです。
スパロボをメインジャンルに同人活動なんかもやっとります。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

リンク