アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場

.16 2017 映画 comment(0) trackback(0)
eye in the sky
 観てから大分時間が経過してますが、今日は「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一
安全な戦場
」の感想をアップして行きます。

《あらすじ》
イギリス、アメリカそしてケニアの3国が行方を追っていた最重要指名手配
テロリスト・アイシャ。
3国は、遂に彼女の隠れ家を突き止める。
ドローンの映像を介してアイシャの捕獲作戦緒指揮を執るイギリス常設統合
司令部司令官のキャサリン(演じるはオスカー女優のヘレン・ミレン)は、
アイシャが隠れ家に大量の破壊兵器を用意し、大規模なテロを計画している
ことに気付く。
しかし、隠れ家が完全にテロリストの勢力下にあり、現地の協力者
(スパイ)の身を危険に晒してしまう為、アイシャの捕獲も追跡も不可能と
なってしまう。
このままアイシャの逃走を許せば、彼女によって起こされるであろうテロに
よって多くの人々が犠牲になってしまう。
そこで、キャサリンは捕獲作戦を高高度からのミサイル爆撃による殺害作戦
へと変更することを提案。
何とかその変更の了承を得るも、ミサイルの殺傷圏内に民間人の少女が
いることが判明する。
少女を犠牲にしてでも爆撃を実行し、テロを未然に防ぐのか…。
少女の命を救うべく、アイシャの逃走を許してしまうのか…。
究極の選択を迫られた3国の司令部の下した判断は…。

以下、ネタばれありの感想です。
スポンサーサイト

ドント・ブリーズ

.12 2017 映画 comment(0) trackback(0)
dont breath
 やっと完了した2016年鑑賞映画のレビューの庫出し。
漸く2017年鑑賞映画のレビューのアップに移れます。
てな訳で、今日は今年最初に観た「ドント・ブリーズ」のレビューをアップして行き
ます。

《あらすじ》
失業者で溢れ返るデトロイト。
どうしようもないろくでなしの母親から妹を連れて離れて暮らす為の資金を稼ぐ
べく、ロッキーは恋人のマネー、男友達のロッキーと組んでけちな窃盗家業を
続けていた。
そんな折、マネーが一攫千金を狙える話を持って来た。
妻と娘を失い、今は郊外で一人暮らしをしている退役軍人の老人(演じるは
アバター」でタフな傭兵部隊の指揮官を演じたスティーヴン・ラング)が、
大金を隠し持っていると言うのだ。
しかも、老人は盲目。
そんな老人の家に忍び込み、隠し持っている金を盗み出すのはロッキーらに
とって簡単な仕事である…はずだった。
老人は視力と引き換えに他の五感が研ぎ澄まされ、軍人時代に培った技術を
持つ殺人マシーンであったのだ。
予想外の老人の反撃を受け、マネーは死亡。
果たして、ジャッキーとロッキーは老人の家から脱出できるのか…?

以下、ネタばれありの感想です。

狂犬佐藤の2016年鑑賞映画ベスト10

.08 2017 映画 comment(0) trackback(0)
 去年観た映画のレビューの庫出しが漸く終了したので、今日は2016年に観た
97本(ジュウオウジャーとゴースト、009の各章を別作品としてカウント。内、
自宅で観た本数は、今年はなし。)の映画の中から、去年劇場で公開された
ものを限定して、個人的に「これだけは外せない!」と云う10本を発表したいと
思います。
昨年と同じようにベスト10と銘打っていますが、自分にとってはどれも甲乙つけ
難い素晴らしい作品達であるので、あえて順位づけはしておりません。
また、順番は自分が観た順となっているので、基本的に下へ行けば行く程、
新しい作品となっています。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

.27 2017 映画 comment(0) trackback(0)
rogue one
去年観た映画のレビューの庫出しも、これでラスト!
てな訳で今日のお題は、一大スペースオペラのスピンオフ「ローグ・ワン/スター・
ウォーズ・ストーリー
」です。

《あらすじ》
遥か昔、遠い銀河の彼方で…。
銀河を恐怖と暴力で支配している銀河帝国は、究極の破壊兵器デス・スターの
開発を進めていた。
もしこの兵器が完成すれば、銀河帝国に立ち向かう術が無くなってしまう。
そこで反乱軍は、デス・スターの主要開発者の一人であるゲイレンの娘・ジンを
反乱軍の保護下に置き、ゲイレンを探し出すように命じる。
やがてジンに与えられたこの指令が、彼女をリーダーとする部隊ローグ・ワンに
よるデス・スター設計図奪取作戦という銀河の未来を左右する一戦へと発展して
行くことになるのであった…。

以下、ネタばれありの感想です。

バイオハザード ザ・ファイナル

.09 2017 映画 comment(0) trackback(0)
resident evil the final chapter
去年観た映画のレビューの庫出しも、残すところ後2本!
今日のお題は、シリーズ最終章「バイオハザード ザ・ファイナル」です。

《あらすじ》
人類抹殺を企む人工知能レッドクイーンと戦うべく、宿敵ウェスカーと手を組んだ
アリス(演じるは勿論ミラ・ジョヴォヴィッチ)であったが、突然の裏切りに遭い、
アンデッドが溢れる荒野を彷徨う事となる。
そんな時、廃墟のコンピューターを通じてレッドクイーンがアリスにコンタクトを取って
きた。
「48時間以内に数少ない人類の生存者は全滅する。
それを回避するには、あなたがラクーンシティのハイブ(地下研究施設)に潜入し、
そこにある抗ウィルス剤を散布するしかない。」
敵であるはずのレッドクイーンがもたらした情報に、半信半疑ながらもアリスは
ラクーンシティのハイブへと向かう。
そこで待ち受けるものとは、一体何か…。
そして、アリスは人類を救えるのか…。

以下、ネタばれありの感想です。

ポッピンQ

.30 2017 映画 comment(0) trackback(0)
popinq.png
 去年観た映画のレビューの庫出し、本日のお題は、東映アニメーション創立60年記念
作品「ポッピンQ」です。
《あらすじ》
中学の卒業を目前に控えた伊純(声の吹替えは瀬戸麻沙美さん)は、陸上の県大会で
思ったような結果を出せず、悶々とした日々を送っていた。
卒業式の朝、美しく輝く石を見つけた伊純は、異世界「時の谷」へとやって来てしまう。
時の谷の住人・ポッピン族によれば、時の谷は今、崩壊の危機を迎えていると言う。
もし他の世界の時を司る時の谷が崩壊すれば、伊純の住む世界にも影響が出てしまう。
この危機を救う為には、伊純が拾った石…「時のカケラ」を集め、祈りのダンスを捧げる
しかない。
伊純と同じ様に其々悩みを抱え、時の谷へとやって来た4人の少女と共に、伊純の
冒険が始まろうとしていた…。

以下、ネタばれありの感想です。

土竜の唄 香港狂騒曲

.28 2017 映画 comment(0) trackback(0)
mogura2.png
 去年観た映画のレビューの庫出し、本日のお題は、ビッグコミックスピリッツ連載漫画を
原作とし、3年ぶりの続編となる「土竜の唄 香港狂想曲」です。

《あらすじ》
広域指定暴力団「数寄屋会」に潜入捜査官として内定を進める菊川玲二(演じるは勿論
生田斗真さん)は、兄弟盃を交わしたクレイジーパピヨンこと日浦(こちらも堤真一さんが
続投)と共に不本意ながらも組内で頭角を現し、会長の轟周宝(岩城滉一さんが続投)の
娘である迦蓮(演じるは本田翼さん)のボディーガードという、周宝に非常に近い位置
まで接近することに成功する。
そんな玲二及び日浦に、周宝は数寄屋会のシマを荒らすチャイニーズマフィア・仙骨竜
への制裁を命じる。
一方、警察内では新たに犯罪対策部課長に就任した兜(演じるは瑛太さん)がヤクザと
内通する警察官の撲滅運動を開始し、表向きはヤクザとつるんで警察をクビになって
いた玲二に注目し始めて…。

以下、ネタばれありの感想です。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

.24 2017 映画 comment(0) trackback(0)
fantastic beasts
 去年観た映画のレビューの庫出し、本日のお題は、ハリポタシリーズの外伝にして
本編の数十年前を描いた「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」です。

《あらすじ》
魔法動物学者のニュートは、不思議なトランクの中に魔法生物を保護している魔法使い。
彼が立ち寄ったニューヨークでは魔法社会の存在がノー・マジ(魔法使いではない普通の
人間)に知られつつあり、魔法界とノー・マジの世界の間に一触即発の空気が漂っていた。
そんな折、ひょんなことから魔法動物を逃してしまったニュートは、トランクを取り違えた
ことで知り合ったノー・マジのジェイコブ、ニュートの行動が魔法界の機密保持法に違反
するとして彼を取り締まらんとする元闇祓いのティナ、そしてティナの妹であるクイニーと
共に魔法動物の捜索を開始する。
しかし、4人は魔法界とノー・マジの世界との衝突を画策する者の陰謀に巻き込まれて
しまい…。

以下、ネタばれありの感想です。

CYBORG009 CALL OF JUSTICE

.12 2017 映画 comment(0) trackback(0)
009 call of justice
 溜まっている去年鑑賞した映画のレビューの庫出し、本日のお題は、新たなる
ゼロゼロナンバーサイボーグ達の物語、「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」です。

《あらすじ》
幾度となく悪と戦い続け、世界を守って来たゼロゼロナンバーサイボーグ達は、
アメリカ・テキサス州にて平穏に暮らしていた。
そんな彼等を、ジャーナリストのルーシーが訪ねて来る。
彼女の父は世界を影から操る超人類「ブレスド」の存在に気づき、殺害されたと
言う。
父からブレスドに対抗出来得る存在と教えられたゼロゼロナンバーサイボーグ
達に、ルーシーは共に戦って欲しいと懇願する。
ルーシーを追い、彼女を抹殺すべく遂に姿を現すブレスド達。
ゼロゼロナンバーサイボーグ達の新たなる戦いが、始まろうとしていた…。

以下、全3章を纏めた感想。

ガール・オン・ザ・トレイン

.07 2017 映画 comment(0) trackback(0)
the girl on the train
 溜まっている映画のレビューの庫出し、本日のお題は、アメリカでベストセラーと
なり、日本でも「このミステリーがすごい!」に選出されたミステリー小説が原作の
ガール・オン・ザ・トレイン」です。

《あらすじ》
離婚をして傷心気味のレイチェル(演じるは「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の
ヒロイン役が印象深いエミリー・ブラント)は、通勤する電車の車窓から一組の若い
夫婦の姿を毎朝目にしていた。
その夫婦の二軒隣の家は、かつて自分が愛する夫トムと共に過ごした家があり、
現在は自分からトムを奪ったアナと、二人の間に産まれた赤ん坊が住んでいた。
ある朝、レイチェルが車窓から若い夫婦の家を眺めると、妻が別の男と愛し合って
いる姿を目撃してしまう。
その光景がトムの不倫と重なって見えたレイチェルは、義憤に駆られ、酒の力が
手伝ったこともあり、その女を懲らしめようと彼女の家を訪ねてしまう。
しかし、レイチェルの記憶はそこで途切れ、気が付けば友人から間借りしている
部屋に頭から血を流して横たわっていた。
実は、離婚と前後してレイチェルはアルコール依存症に陥っていたのだ。
その後、警官がレイチェルを訪ねて来る。
レイチェルが不倫を目撃した若い女…メガンが失踪し、彼女の夫が捜索願を提出
したと言うのだ。
メガンはトムとアナの赤ん坊のベビーシッターをしていたことがあり、更にメガンの
家の付近でレイチェルが近隣住民に目撃されていたことから、警察はメガンの
失踪にレイチェルが関与しているのではないかと疑っていたのである。
果たして、レイチェルはメガンを殺害してしまったのか…?

以下、ネタばれありの感想です。
 HOME 

プロフィール

Author:狂犬佐藤
スパロボと映画を愛するオッサンです。
スパロボをメインジャンルに同人活動なんかもやっとります。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

リンク